色素沈着改善に効果的な化粧品の成分とサプリの成分とは?

色素沈着 改善

色素沈着は一度起こしてしまうと治るまでに時間もかかりますし、通院するとなるとそれなりの手間もかかりますよね。

通院する時間がないけれど、このままにしておくのは嫌!という方も多いですよね。今回はそんな方へ、自宅で使える色素沈着対策についてご説明します。

色素沈着改善に効果的な化粧品成分

色素沈着を改善したいと考えている方は、化粧品を選ぶとき「美白」と書かれているものを選ぶ方が多いと思います。しかしその成分も色々あり、正直どれが一番効果的なのか分かりにくいですよね。効果的な美白成分をいくつかご紹介するので参考にしてみてください。

ビタミンC誘導体

美白化粧品で最も多いのがこのビタミンC誘導体ではないでしょうか。こちらは、メラニン色素に作用して漂白する効果があります。しかし、元々ビタミンCは外から入れようとすると汗腺の汗や水蒸気に溶けて一緒に外へ出てしまいます。

なので体内の酵素の力でビタミンCになる様に加工したものがビタミンC前駆体であり、ビタミンCそのものと違いきちんと肌の中に浸透してくれます。

ハイドロキノン

医薬部外品であり、別名「肌の漂白剤」と呼ばれて居ます。メラノ細胞に直接働きかけ美白する効果があります。市販薬で手に入ります。しかし、効果も大きい反面、肌への刺激も強いので、敏感肌の人は病院などで相談して処方してもらう方が安心です。

関連記事ハイドロキノン効果には副作用も!シミのない箇所に塗るのはNG

アスタキサンチン

天然色素で、活性酸素を減少させる効果があります。抗菌作用があり、メラニン生成を抑える作用があるので再発防止が期待できます。

関連記事シミを消したい人必見!シミを薄くする栄養素6種と美白成分6種

トラネキサム酸

医薬部外品であり、服用と塗るものとあります。メラニン発生のメカニズムに働きかけ、シミや肝斑にも効果的です。アミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑制し、抗炎症、抗アレルギー効果もあります。医学的には止血剤として使われることもあります。

肌が外部から紫外線などの刺激を受けた際に肌がメラニンを作って守る様にメラノサイトに伝達します。その伝達をトラネキサム酸外部から阻害する効果があります。また、ビタミンCよりも更に肌の深い部分に入り込み浸透する事も特徴です。

色素沈着改善に効果的なサプリの成分

では、次は色素沈着改善に効果的なサプリメントの成分を紹介します。基本的に、色素沈着をサプリメントで改善したい場合は「肌の代謝機能を高める」「紫外線で受けたダメージを一旦ゼロに戻す」事に重点を置いて服用します。

関連記事肌の色素沈着を改善するにはやっぱりサプリメントが効果あり?

ビタミンC

コスメにもよく含まれている成分です。こちらを、サプリメントで摂取しても効果的です。色素沈着を薄くしてくれて、改善してくれる効果があります。

関連記事美白にはやっぱりビタミンC?一日の摂取量はどれくらい?

ビタミンB

肌の新陳代謝を活性化してくれます。肌の免疫力を高めてくれる効果があるので過剰なメラニン生成を抑制してくれます。

ビタミンA

メラニンの生成を抑制してくれる効果がありますが、ビタミンBよりもより直接的にメラニンに作用します。シミや色素沈着を作りにくい状態を作ってくれます。

ビタミンE

活性酸素を撃退してくれる効果があり、メラニンの生成を抑制します。ビタミンCと共に摂る事により効果を増します。

色素沈着改善には美白クリームがおすすめ

化粧品を美白成分のあるものにするのはもちろんですが、色素沈着には美白クリームの使用をお勧めします。お肌に沈着してしまったメラニンにの色素を還元する働きをしてくれるのが、美白クリームです。基本的に化粧水が「予防美白」「代謝美白」です。

これに対して美白クリームはさらにプラスして「還元美白」も行なってくれます。美白クリームの大きな特徴は、肌の代謝を促進してメラニン排出してくれる事、メラニンを還元する美白成分で色素を消してくれる事が挙げられます。

そんな美白クリームのオススメ成分を紹介しておきます。

ハイドロキノン

化粧品同様、美白クリームでもハイドロキノンは優秀です。シミ予防をしてくれるだけではなく既に出来てしまったシミにも効果が期待できます。また、メラノサイトという細胞を減少させる効果もあります。

しかし、ハイドロキノンは刺激が強い事がデメリットなので肌の弱い方は注意して使いましょう!

関連記事美白といえばハイドロキノン?!肌へのリスクは?

トラネキサム酸

トラネキサム酸には、シミの原因であるメラノサイトの一つであるプラスミンのはたらきを抑えてくれる効果があります。こちらは化粧品や、処方薬の場合「止血剤」の効果があることから飲み合わせや副作用などの注意点がありました。

しかし、美白クリームで塗る事により血液濃度に影響を与える事が少なくなり、副作用などの影響が低くなり安全性が高まりました。したがって、内服で合わなくて使えなかった人は美白クリームで使用するのがオススメです。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発したホスピピュア

公式サイト副作用の少ない美白成分トラネキサム酸配合のホスピピュアを公式サイトで確認!

生活習慣など、トータルのバランスで美白を目指していきましょう。

美白成分はたくさんあります。その中でも、何が自分に合った成分なのかを見つける事は美白をより効果的なものにしていくために必要です。

まとめ

  • 色素沈着を改善するのに効果的な美白成分は「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「アスタキサンチン」「トラネキサム酸」。
  • 基本的に、色素沈着をサプリメントで改善したい場合は「肌の代謝機能を高める」「紫外線で受けたダメージを一旦ゼロに戻す」事に重点を置いて服用する。
  • 肌に沈着してしまったメラニンにの色素を還元する働きをしてくれるのが、美白クリーム。基本的に化粧水が「予防美白」「代謝美白」。