皮膚科で処方されるハイドロキノンとトレチノインの効果と注意点

トレチノイン ハイドロキノン

美白成分のトレチノインとハイドロキノンは効果が高い成分の一つとして知られています。化粧品にも使用されることがあるこの二つの成分について、違いをよく理解しておきましょう。

トレチノイン

トレチノイン ハイドロキノン
トレチノインは美白効果のある成分でビタミンA誘導体として化粧品でも使われています。主な効果は肌の新陳代謝を活性化すること。

角質層の表皮の下にある真皮という層にできたシミはなかなか化粧品の有効成分が浸透しにくい為、効果的な美白が難しいといわれています。

トレチノインはこの表皮の細胞のターンオーバーを活発にするため、古い角質層が新しい細胞に変わりシミの改善に効果的。

ビタミンA誘導体は他にも色々な成分がありますが、代謝の働きを活発するにはトレチノインが抜群の効果を持っています。

市販の化粧品に含まれているビタミンA誘導体と比較するとトレチノインのほうが100倍も効果があるとも言われています。

この特性は美白ケアに大変メリットになり、すでにできたシミを排出することや、ターンオーバーによる美肌成分のコラーゲンやヒアルロン酸などの生成をサポートする効果もあります。肌のハリ回復、ニキビ予防にも有効ですよ。

関連記事トレチノインによるシミ治療って?有効なシミと有効でないシミ

ハイドロキノン

トレチノイン ハイドロキノン
美白化粧品に含まれているハイドロキノンは、シミの改善に欠かせない美白有効成分としてお馴染みですよね。しかし実際にはどのような効果や特徴があるのか知らない方も多いようです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれる程、美白の働きがある点が魅力。トレチノインがシミを肌の内部から排出する働きがあるのに対して、ハイドロキノンはシミの生成をもとから抑制する働きを持っています。

シミを作る酵素の働きを抑えるため、すでにあるシミの悪化を防ぎ、新たなシミを作らない予防効果が高い点が特徴です。

トレチノインを入手するには医師の処方が必要になりますが、ハイドロキノンは一般に販売されている化粧品にも使用されています。

このように二つにはそれぞれの特徴がありますので、美白をする際には違いをよく理解して、自分の肌の悩みに合わせて使い分けたいですね。シミは年々増える厄介もの。有効成分を上手に活用しましょう。

関連記事美白を考えるならハイドロキノン!肌へのリスクは?

皮膚科で処方してもらえるの?

答えはもちろんです。どこの皮膚科さんでも処方してもらえます。が!実はこの2つ保険適用外なのです。そして効果が強い薬につきものなのが、副作用。

間違った使用を重ねると、皮膚に塗る物なのでかぶれや、炎症を引き起こすことがあります。美白効果の強さに目が行きがちで、これもやはり薬の一つだと忘れてしまいがち。どんなものも使用法や量をしっかり守る必要があります。

関連記事皮膚科で処方される美白薬、保険は適用?効果と副作用も解説

使い始めてから効果が出るまでの期間は?

まずハイドロキノンとトレチノインを使い始めると、3~4日で赤みが出たり、皮がむけます。濃度にもよって赤みの程度は個人差があります。場合によってはヒリヒリする感じがする方も。

それもそのはず。初期段階のかぶれや赤みは、トレチノインによって引き起こされることが多いのですが、これはトレチノインが急速にターンオーバーを促すことによるものです。そのため、最初の数日~数週間は少しつらい時期となります。

使用後~目的達成までの期間は、皮膚のターンオーバーを促す「漂泊期」と、その過程で起きた炎症やかぶれを治してく「治癒期」という2つに分かれます。

最初の漂白期は2~6週間ほど続きます。後半の治癒期も同様の期間がかかります。この期間の変わり目あたりでシミや黒ずみといったものが消えていきます。

ハイドロキノンとトレチノインが併用される理由

シミは一見どれも同じように見えますが、原因により種類が異なります。皮膚の表面に見えるシミ以外にも、角質層の奥に潜んでいるシミもあるのです。そのため、シミをケアするにはあらゆる角度からアプローチするのが一番効果的な方法。

美白有効成分は刺激が強いとも言われていますので、十分に注意が必要です。美白の働きが抜群によいハイドロキノンとトレチノインですが、シミ治療にはこの二つが併用されて使われる場合があります。

それぞれの違った特性を生かし、効果的なシミ改善ができる点がメリットになっています。

ハイドロキノンは浸透性があまり良くない一面がありますが、トレチノインと併用することでさらに角質層の奥まで染み込む効果があります。

とても魅力的なメリットがありますが、併用する際は基本的に処方が必要になり、リスクを伴うことを知っておきましょう。

単体で美白を狙うならハイドロキノン

美白ケアは有効成分によって肌の負担が増える可能性もありますので、ハイドロキノンかトレチノインかどちらかを一つだけ選択するとしたら、ハイドロキノンを単体で使用することをオススメします。

効果をさらに高めるのであれば、トレチノインと一緒に使い浸透性をアップすることがコツですが、二つを同時に使うのは抵抗がある場合はハイドロキノンだけのほうが良いでしょう。

トレチノインは単体で使用すると、色素沈着が逆に悪化する可能性もあります。ターンオーバーが活発になり過ぎると肌が炎症を起こし、シミを排出しながらメラニンも同時に生成されてしまうのです。

そのため単体での使用はシミの元を抑制するハイドロキノンのほうがオススメ。

トレチノインは濃度の薄いタイプをアンチエイジングで単体で使用する場合がありますが、それ以外は使用には十分注意が必要になります。

関連記事ハイドロキノン効果をよく知って知り正しく使う

トレチノイン×ハイドロキノン製品の選び方

トレチノインとハイドロキノンが配合された製品を使う際は、チェックしたい点がいくつかあります。

まず一つは製造日。トレチノインは冷蔵庫で保管した状態では1か月以内に使用しないと効果がありません。ハイドロキノンも同様に使用は1か月以内。選ぶ時はまず製造日が新しいことを確認しましょう。

また自分の肌にあうかどうかチェックする点も忘れてはいけません。美白の有効成分は刺激が強いものも多く、この二つの成分はどちらも効果が高い為肌にあわない方もいます。初めて使う時は必ず目立たない部位でパッチテストをしてみましょう。

皮膚の直接的なダメージだけでなく、体質的に合わない場合はアレルギー反応が出る場合もありますのでご注意くださいね。

トレチノインとハイドロキノンを使用する際はまず化粧水で肌を整え、そのあとにシミ部分にトレチノインを塗りそのあとに少し広めにハイドロキノンを重ねつけしてください。

関連記事ハイドロキノンより安全な成分配合美白ケア商品「ホスピピュア」

まとめ

  • トレチノインは肌の新陳代謝を活性化し内部から効果を出していく。
  • ハイドロキノンはシミができるのを抑制する。
  • 皮膚科での処方が可能で、効果が出るまで、前期と後期それぞれ約2~6週間かかる。
  • 使用の際には製造日に注意し、パッチテストを行った上で異常が無いことを確認してから使う。