トラネキサム酸の美白効果とは?化粧品にも副作用はある?

トラネキサム酸 美白

あらゆる美白化粧品に配合されている美白成分トラネキサム酸。厚生労働省から認可された注目すべき美白成分といえるでしょう。特に30代~40代頃からできやすいとされている「肝斑」というシミに最も効果を発揮するのです。
「トラネキサム酸はどのようにシミにアプローチするのか」「どのような人に適した美白成分なのか」をまとめています。多種の美白成分の中からトラネキサム酸を検討中の方は必見です。

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸 美白
トラネキサム酸は、人工合成化されたアミノ酸の一種です。主に、止血剤や抗炎症剤などの役割を果たし医療現場で活躍しているイメージが強い成分でした。ですが、トラネキサム酸はシミができるメカニズムの中で「プラスミン」というメラノサイトを活性化する物質を抑える事を発見したのです。

まさにいち早くシミのできる過程にメスを入れて、「メラニンを作らせない」という徹底した美白ができるわけですね。

一方で、トラネキサム酸を内服薬などから経口摂取する場合と化粧品から皮膚投与する場合とでは副作用のリスクに違いがある事も詳しく見ていきましょう。

関連記事トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう

トラネキサム酸の美白効果

紫外線によって皮膚がダメージを受けると、タンパク質を分解する酵素であるプラスミンが活発に働きだします。そして、メラノサイトに「シミを作れ!」という命令を下す情報伝達物質「プロスタグランジン」が生成されます。トラネキサム酸はこの過程の中で、プラスミンの活性化をいち早く抑制する作用があるのです。

関連記事シミができるメカニズムとは?4つの原因とシミを消すポイント

トラネキサム酸に副作用はある?

トラネキサム酸 美白
トラネキサム酸は化粧品で使用する場合、副作用の心配はほとんどないでしょう。ですが、心配なのはトラネキサム酸を経口摂取する場合です。稀に副作用として、胸焼け、吐き気、下痢、発疹などが現れることがあります。また、止血作用のあるトラネキサム酸ですから、飲用することによって血液を凝固させ、血栓をできやすくしてしまうリスクもあります。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によりシミができやすいため、ついついトラネキサム酸配合の内服薬を飲用したくなるものですが、こうしたリスクが流産などにつながることも懸念されるため、気をつけるべきです。

一方で、妊娠中に化粧品として使用する分には危険性はないでしょう。ですが、妊娠中は肌が敏感になっているため、化粧品としてトラネキサム酸を皮膚摂取する場合、パッチテストなどで反応を見てから使用するのがベストです。

さらには、他の疾患で医師から血液凝固剤を処方されている方も気をつけましょう。他にも、腎臓機能が低下しやすい55歳以上の方や、ピル(女性ホルモン)服用中の女性も注意が必要です。

関連記事妊娠中に脇の黒ずみが気になっても使用してはいけない美白成分とは

トラネキサム酸はこんな人におすすめ

トラネキサム酸 美白
トラネキサム酸に効果を発揮しやすいタイプのシミは次のような種類のシミです。ご自分の悩んでいるシミが次のうちどれかに属しているならば、トラネキサム酸配合のスキンケアを使用してみるのも良いでしょう。

肝斑

現代の皮膚医学では、まだはっきりした原因はわかりませんが、肝斑はホルモンバランスが原因でできるとされています。肝斑の特徴は頬や目の下に左右対称にシミができるというものです。

肝斑の場合、トラネキサム酸の内服薬を飲用すると、血管を通して肌の深部にまで成分が到達し、肝斑の改善が早いです。それと併用してビタミンC誘導体や、プラセンタエキス配合の化粧品を使用すると効果を発揮しやすいでしょう。

関連記事シミと肝斑は原因も対策も違いがあった!実は意外な共通点も?
関連記事肝斑には飲み薬と塗り薬で効果絶大!おススメの成分教えます!

老人性色素斑

シミの代表格と言われているくらいに発症例の多い老人性色素斑。紫外線にあたる機会が多く、加齢によりシミができやすくなっている方にもトラネキサム酸は効果をもたらすでしょう。また、紫外線対策をしていない無防備な20代でも老人性色素班は容赦なく発症します。

日々の紫外線の蓄積がこうした老人性色素斑を引き起こすため、トラネキサム酸配合の美白化粧品やわ使用すると共に、1年中のUVケアを含む紫外線対策は欠かさず行いましょう。

関連記事老人性色素斑とは?皮膚科とセルフケアで顔のシミを消す方法
関連記事シミ予防は日焼け防止が基本!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方

ニキビ跡などの炎症後色素沈

トラネキサム酸はニキビや虫刺されなど、炎症を起こした後にできやすい炎症後色素沈着にも効果をもたらしてくれます。また、抗アレルギーとしての効果を持ち合わせるトラネキサム酸は、アレルギーが原因の皮膚炎による掻きむしりを抑制し、メラノサイトの活性を抑制します。

関連記事シミのセルフケアは種類に合った方法で!炎症悪化でシミになる!?

雀卵斑(そばかす)

鼻の周りにできやすい雀卵斑(そばかす)と呼ばれるような細かいシミは、通常遺伝性が強いです。ですから、トラネキサム酸配合の化粧品を使用しても完全に消える事はありませんが、そばかすを薄くすることは可能でしょう。

関連記事シミとそばかすの違いを教えて!対策ケア方法は同じでいいの?
関連記事そばかすの原因は子供と大人で違う!メカニズムと3つの改善方法

トラネキサム酸 美白
トラネキサム酸は敏感な肌へ、マイルドに効果をもたらしてくれます。今まで色々な美白を使用したけれども、なかなか効果が実感できなかったり、敏感肌で美白アイテムが使えなかったりした人にはオススメの美白成分ということになりますね。

また、肝斑のようにホルモンバランスが原因のシミもあれば、紫外線が原因でシミやそばかすが濃くなるケースもあります。トラネキサム酸は、どちらのタイプのシミにも効果が認められています。そのため、肝斑や老人性色素斑のように混合シミを持ち合わせている方にも効率良く効果を発揮するでしょう。

トラネキサム酸配合の化粧品を選ぶ時は、しっかり効果を得るためにトラネキサム酸の配合量をしっかり確認し、トラネキサム酸以外に配合されている成分も把握しておくことが大切です。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発した「ホスピピュア」とは

公式サイトメラニンにアプローチ!色素沈着・黒ずみの改善ならトラネキサム酸配合の「ホスピピュア」にお任せ!

まとめ

  • トラネキサム酸は、人工合成化されたアミノ酸の一種です。主に、止血剤や抗炎症剤などの役割を果たし医療現場で使用されていた。
  • トラネキサム酸は化粧品で使用する場合は副作用の心配はほとんどないが、口から服用する際は注意が必要。妊娠中の方や血液凝固剤を処方されている方、腎臓機能が低下しやすい55歳以上の方や、ピル(女性ホルモン)服用中の女性も注意が必要。
  • 肝斑や老人性色素斑のように混合シミを持ち合わせている方にもトラネキサム酸は効率良く効果を発揮する。