ルシノールとは?ポーラ独自開発の美白成分はシミに効果あり?

ルシノール

ここ数年、紫外線の高い時期によく耳にする事が多くなった美白成分ルシノール。構造は、肌の漂白剤とまで呼ばれるレチノールに似ているため、色素沈着やシミ悩みに積極的に働きかけてくれる美白成分として、とても期待できるでしょう。

また、肌に対して重大な副反応などのトラブル例がない事も、肌の弱い日本人にはとても適した成分と言えますね。そのようなルシノールが、美白として肌へどのような働きかけ方をするのか、また、どの段階で使用すれば良いのかを検証します。

厚生労働省認可の医薬部外品有効成分ルシノール

ルシノール
ルシノールは化粧品会社ポーラが独自開発した美白成分です。元々、シベリア地方のモミの木から抽出された成分で、1998年代には厚生労働省が医薬部外品として認可しています。よって安全性の高い安心な美白成分だと言う事が言えますね。

ルシノールの効果

ルシノールの効果は、紫外線や何らかの刺激でできてしまった色素沈着やシミに対して効果を示します。

紫外線や摩擦が肌を刺激すると、肌の中で「シミを作れ!」と言う命令を情報伝達物質であるチロシナーゼという酵素を介して行われます。ルシノールには、このチロシナーゼを抑制する効果が期待できるため、早くからメラニン対策をする事ができるでしょう。

さらに、チロシナーゼがチロシンという物質と結合してメラニンが生成されるのですが、ルシノールは、チロシンと結合する事も抑制し、メラニン生成が過剰に生成される事も阻止してくれるのです。

ルシノールと同等の効果が期待できる美白成分「アルブチン」と比較した場合では、ルシノールのほうが、数百倍もの美白効果が得られるでしょう。「コウジ酸」と比較した場合でも、4倍~5倍の効果が得られるというから、まさに、ルシノールは美白成分の中でもエース級と言ったところです。

関連記事アルブチンの美白効果はどのくらい?効能と副作用について解説
関連記事甘酒には美白効果以外にも嬉しい効果が!飲むタイミングはいつ?

また、ルシノールは、ビタミンC誘導体などと併用する事で相乗効果が期待でき、美白の効果は高まるという事も確認されています。ですから、ルシノール配合の化粧品を選ぶときには、ビタミンC誘導体も同時配合されているかを成分表示などでチェックしてから購入するのが賢い方法です。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

ルシノールにデメリットはあるの?

ルシノールのデメリットをあげるとすれば、コストが高めと言う事があげられます。それでも、「安全面や予防に力を入れて継続使用したい」という方は、自分の肌や経済的な面を考慮しながら、ルシノール配合の化粧品を選ぶべきでしょう。

その際に参考にしたいのが、ポーラのホームページです。ルシノールが、ポーラ独自開発と言う点から、様々な種類のルシノール配合化粧品が揃っている事が一目瞭然です。浸透性を考慮した化粧水や肌馴染みの良い美容液など、それらの価格相場は6,000円~30,000円くらいまでの高額となるでしょう。

また、お近くにポーラの店舗があるのであれば足を運ぶ事が望ましいです。美容カウンセラーにより、肌状態を確認できるバイタルチェックを機器を使いながら、ぴったりの美白化粧品を推奨してくれたり、サンプル品を提供してくれたりしてくれるでしょう。肌の弱い方は念のためパッチテストを受ける事も必要です。

公式サイト詳細はPOLA公式サイトでご確認ください

ルシノールの安全性は?

ルシノール
ルシノールは天然成分ですから、低刺激で肌の弱い人でも使えるほど安全性に優れた成分と言えるでしょう。美白成分と言えば、某美白化粧品による化粧品トラブルが記憶に新しい方もいる事でしょう。顔に白斑ができてしまうなどのトラブルがあった事例です。

そうした美白のトラブルが怖くて、「美白化粧品をなかなかスタートできない」と言う方も少なくないのです。こうして美白の安全性が懸念される中、厚生労働省認可のルシノールは、今まで重大な肌トラブルの事例もなく、安全に使用できる美白成分と言えるでしょう。

関連記事シミを消す効果のある美白化粧品は厚生労働省認可の成分をチェック!

シミ予防に関しては優秀って本当?

ルシノール
ルシノールは、シミ予防として大変優秀な美白成分ということができます。

一方で、できてしまったシミに対して最も美白効果を発揮しやすいのが、何といってもハイドロキノンですね。濃度によってはハイドロキノンが肌にダメージを与えやすいという点が懸念されますね。

普段は肌が弱くない人でも、体調が悪かったり、季節的に肌が敏感だったりすればハイドロキノンを使う事で肌を痛めてしまうことも否定できないでしょう。そのように考えた時に、ハイドロキノンよりも、低刺激で安全性にも配慮されたルシノールを美白成分として使用継続する事が望ましいでしょう。

関連記事シミに効くハイドロキノンクリームの正しい使い方と注意点3つ
関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ
関連記事ハイドロキノン効果には副作用も!シミのない箇所に塗るのはNG

また、シミになる前段階の予防策としてルシノールに期待することも良いですね。いずれにしても、シミはできてしまってからでは時間やコストがかかるでしょう。そのような事にならないためにも、普段から美白成分ルシノールでのお手入れを進めることが大切ですね。

ルシノールを含め、どの美白成分を使用する時も決して忘れていけないのが、紫外線対策を怠らないという事でしょう。帽子や手袋日傘などの紫外線対策品を使用し、UV化粧品も併用する事が大切です。

関連記事シミ予防は日焼け防止が基本!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方
関連記事シミ予防は紫外線対策を徹底して!予防アイテムの選び方2つのポイント

また、蓄積された古いメラニン含有の角質をスムーズに排除させるためにも、良質な睡眠と運動も取り入れる事でルシノールの効果を活性化する事ができるでしょう。さらには、ターンオーバーを正常化しやすく、内側からメラニン生成のされにくい肌にするためにも、ビタミンCやビタミンB2などの栄養を積極的に取り入れる事が大切ですね。

関連記事美白に効果的なビタミンの種類と効能~おすすめの食べ物とは?

まとめ

  • ルシノールは化粧品会社ポーラが独自開発した美白成分。シベリア地方のモミの木から抽出された成分で、1998年代には厚生労働省が医薬部外品として認可している。
  • 厚生労働省認可のルシノールは天然成分であり、今まで重大な肌トラブルの事例もなく、安全に使用できる美白成分と言える。
  • シミになる前段階の予防策としてもルシノールに期待大。美白成分として使用継続することが望ましい。