リコピンで美白!効果のある摂取量は?どんな食べ方がいい?

美白 リコピン

美白に効果が高いとされているリコピンを普段から摂取するように意識することは大切です。

リコピンの具体的な効能や、効果を高めるために適切な摂取量についてご説明します。

リコピンの効果・効能

リコピンはカロテンに類似する天然色素であるカロテノイドの一群であり、植物や動物に多く含まれています。リコピンが含まれるものの色素は赤や黄色、オレンジなど暖色系に多いといった特徴があります。

美白効果など美容にも優れた効果がある、女性に嬉しいリコピンの効果や効能について詳しく見ていきましょう。

活性酸素を除去

リコピンには活性酸素を除去する働きがあります。抗酸化力が強いと病気や美容の大敵ともなる活性酸素を除去することができ、その結果として動脈硬化を予防したり血糖値を下げるなどの重大な病気の予防に繋がったり、女性に嬉しい美白効果やダイエット効果を期待することもできます。

活性酸素が発生する原因は日常にあり、例えばストレスや紫外線、排気ガスなどがそれに当たります。

リコピンを摂ることによってこのような体内のダメージにもなる活性酸素を除去することができ、それによって体が錆びてしまうのを防ぐことができます。活性酸素は老化や病気の原因ともなるものなので、体に悪影響を与える前に積極的になくしていきたいですよね。

リコピンの抗酸化力は何とビタミンEの100倍以上であるとも言われていて、活性酸素を除去するのにかなり優秀であることがわかります。

関連記事シミを消したい人必見!シミを薄くする栄養素6種と美白成分6種

シミ予防にも?

アンチエイジング効果の高いリコピンですが、実際に肌に蓄積するリコピンの濃度を上げておくことでシミやシワを予防することができます。リコピンの優れているところはこれからできるシミだけではなく、今あるシミも薄くすることができるといった点です。

メラニンの生成を抑えるだけでなく、日焼け止めとしての効果も高い美白効果がリコピンの魅力です。

関連記事美白に有効なビタミンが摂取できる食べ物とは?

リコピンを多く含んだ食べ物

リコピンを意識して摂るためには、リコピンが多く含まれている食べ物を知っておくことが重要です。

リコピンが多く含まれている食べ物として有名なのがトマトです。リコピンを意識して摂るためにはトマトを食べることが欠かせません。

トマトの他にはスイカやピンクグレープフルーツなどの果物、パプリカなどにもリコピンは含まれています。

トマトは好き嫌いがハッキリ分かれている食べ物なのでトマト以外でリコピンを摂りたいと思う方も多いと思いますが、リコピンと言えばまず思い浮かべられる食べ物がトマトなので、食べやすい方法を考えてできるだけトマトから摂るのがおすすめです。

もちろん、他のリコピンが含まれた食べ物も併せて摂っていくことが効率的に美白効果を得るためにも重要です。

関連記事美白に不可欠な栄養素5つと食べ物をしっかり摂取で透明感アップ

リコピンの効率的な摂り方と摂取量

せっかくリコピンを摂って美白をしようと思うのなら、効率的な摂り方と摂取量でリコピンの美白効果を最大限に活かしたいですよね。

リコピンの効果をもっと高めるための効率的な摂り方と摂取量をご紹介します。

リコピンの効率の良い摂取方法

リコピンの効率の良い摂取方法はトマトを丸ごと食べるなどそのまま摂るのではなく、加熱してから摂ることです。加熱するのがなぜ良いかというと、加熱することによってリコピンを吸収しやすい状態にすることができ、何とその吸収率は3倍にも上がるとされているからです。

加熱する以外にもリコピンの吸収率を上げる方法はあり、それは油と一緒に摂るといった方法です。リコピンを油を使った料理と一緒に摂ったり、生のトマトを食べるならオリーブオイルなどをかけて食べるだけでも吸収率はアップします。

もちろん、吸収率によってリコピンが与える肌への美白効果も変わってきます。せっかく同じ量を摂るなら、是非美白効果を高める方法でリコピンを摂ってみてください。

1日にどのくらいの量を摂るのが効果的?

トマトなどからリコピンを摂るのはシミを薄くするなど美白のためにとても効果が高い方法ですが、そのリコピンは1日にどれくらいの量を摂るべきなのでしょうか。

実はリコピンは1日に15mg~20mg程度の量を摂るのが良いとされています。この量はトマトで言えば大玉トマトで2,3個、ミニトマトで15個と意識的に摂らなければリコピンが足りなくなってしまうくらいの量であるということがわかります。

これを毎日続けなければいけないのはかなり大変ですよね。

たまにならこの量をクリアできても毎日は難しいという方におすすめなリコピンの摂り方は、ジュースにして飲んだりサプリで補うといった方法です。特に、豊富にリコピンが含まれたトマトが苦手でリコピンを効率良く摂ることが難しいという方には、サプリでリコピンを摂るのが良いでしょう。

また、トマトは苦手でもトマトケチャップなら大丈夫という方は、積極的にトマトケチャップを使うような料理を食べてみてください。

もちろん、どんな食べ物や栄養素にも言うことができますが、限度というものがあるので過剰となってしまうほど摂りすぎるのは良いことではありません。1日に15~20mgという量を目安として、効率良くリコピンを摂りながら美白効果を高めてみてはいかがでしょうか。

関連記事美白サプリは成分が決め手?正しい選び方3つのポイントと注意点

まとめ

  • リコピンには活性酸素を除去する働きがあり、抗酸化力はビタミンEの100倍以上とも言われている。
  • リコピンが多く含まれている食べ物としてはトマトが一番。
  • リコピンの効率の良い摂取方法は加熱してから摂ること。1日に15mg~20mg程度の量(大玉トマトで2~3個、ミニトマトで15個)を摂るのが良いとされている。