植物由来成分カモミラETの美白効果と副作用|シミやニキビにも期待大?

カモミラET

花王が販売している美白商品の植物由来主成分、カモミラETをご存知ですか? 花王が提供する美白化粧品のCMなどで、“浴びてしまった紫外線の記憶をなかったことにしてくれる美白成分”という衝撃的なキャッチフレーズを耳にしたことがある人もいるでしょう。
天然成分ということで肌に刺激がなく、化粧品だけでなくハンドクリームや入浴剤などにも使用されているのです。そんなカモミラETには、副作用はあるのでしょうか。また、美白以外の美肌効果は期待できるのかをまとめます。

カモミラETにはどんな美白効果がある?

カモミラET カモミール
カモミラETの美白効果は、結論から言ってしまえば、シミの予防効果や既存のシミ改善効果どちらも期待できるでしょう。現在、多種の美白成分が存在し、それぞれシミに対するアプローチに違いがあります。その中でもカモミラETは早い段階で素早くシミにアプローチする特徴を持っています。

また、以下に記載するように、カモミラETの副作用やアレルギーについても詳しく検証していましょう。

カモミラETは植物由来成分

古代ヨーロッパでは民間治療の一貫として、カミツレエキスを使用してきました。カモミラエキスはキク科植物であるカミツレの葉や茎から抽出されます。また、花王独自の成分であることから、カモミラETという名称がついています。

花王以外の製品にカモミラエキスを配合している場合、“カモミールエキス”や、“カモミラエキス”などと呼ばれています。一般的に、美白成分は刺激性のあるものが多いため、肌が敏感な人はなかなか継続しにくいものです。

一方で、カモミラETは他の美白成分と比較すると、天然素材と言うこともあり安全性に富んだ成分で敏感肌の人も使用しやすい成分でしょう。その安心感から、あらゆる化粧品に配合されることが多いと言えますね。最近は、カモミラ成分配合の入浴剤で全身美白を目指す方も多く、カモミラの美白効果に期待を寄せる方が増えています。

関連記事美白に効果的なビタミンの種類と効能~おすすめの食べ物とは?

カモミラETの美白効果

カモミラETの美白効果は、他の美白効果と比較すると非常に早い段階でメラニン生成をストップさせることにあります。それは、肌に紫外線が当たるとメラノサイトに『メラニンを作れ!』とう指令が、情報伝達物質“エンドセリン”により伝わります。

カモミラETはこのエンドセリンの働きを阻止する働きがあるのです。まさに、もっとも早い段階で『シミを作らせない』という素早い働きかけが行われているのです。また、驚くことにカモミラETは乱れたターンオーバーを正常化させる効果もあるため、すでにできてしまったシミを薄くすることにも期待が持てます。

関連記事シミがストレスで発生する!?ターンオーバーが上手くいかない理由と改善法

カモミラETの美肌効果

カモミラET カモミール
カモミラETはシミやソバカスなどに対して素早く改善する効果があります。カモミラETの美白アプローチ以外の美肌効果は次のようなものです。

保湿効果

美白の効果をスムーズにさせるためには、肌に潤いが整っている必要があります。角質層が潤いで満たされていること以外に、細胞に潤いが保たれていることも大切でしょう。カモミラETには保湿効果が期待できるため、乾燥肌でキメが乱れやすい肌にも良いですね。

関連記事黒ずみとかゆみは乾燥が原因!肌を保湿する食材で体内から予防!

肌荒れ改善効果

カモミラETは炎症を抑える効果も期待できるため、日焼け後の炎症やニキビの炎症を抑えることも可能です。

関連記事【美白対策】美白キープのための日焼けタイプ2パターン別ケア方法
関連記事ニキビ跡の色素沈着は皮膚科で治療できる?色別原因と5つの治療法

血行促進効果

肌の血流が悪いと、角質に蓄積したメラニンが排出しにくくなります。カモミラETはこうしたメラニンをスムーズに排出する効果をもたらすため、相乗効果で美白が効きやすくなります。

関連記事美白成分の種類と選び方!美白肌の敵メラニンを薄くする成分とは?

カモミラETに副作用はある?

カモミラET カモミール
植物成分のカモミラETは、今までも重篤な副作用は報告されていません。ですが、キク科植物から抽出される成分ですから、キク科植物に腫れや湿疹、赤みなどのアレルギー症状を示す人はカモミラETの美白商品を控えたほうが良いでしょう。

キク科のアレルギーには要注意

キク科植物に対してアレルギーの有無があるかどうかを知りたいと言う人は、皮膚科医でアレルギー検査が可能です。カモミラET配合の美白製品を使い始める前に、アレルギー検査をしてから使用することも良いでしょう。

ちなみに、キク科植物の花粉飛散時期は8月~10月頃です。この季節に鼻水、くしゃみ、咳、目の痒みなどの症状が出やすい方は、キク科アレルギーを疑いましょう。また、カモミールが主成分であるハーブティーなどを飲用した後に、胃痛や下痢などの胃腸障害を生じることがある場合、こちらもキク科アレルギーを疑ったほうが良いですね。

副作用の心配はあまりありませんが、アレルギーは否定できないため、アレルギーの可能性があるならばパッチテストなどでチェックしてから使用したいものです。

カモミラET配合化粧品はどんな人におすすめ?

カモミラET カモミール
カモミラET配合の化粧品は、次のような症状をお持ちの方におすすめです。

  • すでにできてしまったシミやソバカスを改善したい人
  • シミやソバカスを早い段階で予防したい人
  • 加齢や不規則な生活で代謝が鈍くなっている人
  • ニキビ跡や、蚊に刺され跡の色素沈着を改善させたい人
  • 乾燥肌で肌荒れしやすい人
  • 敏感肌でいままでの美白成分に合うものがなかった人
  • 炎症性の皮膚疾患を起こしやすい人

天然成分で安全性の高いカモミラETは敏感肌用の化粧品にも配合されています。ですが、こうした化粧品にはカモミラET以外の他成分も配合されているため、他の成分にも注意する必要があるでしょう。

まとめ

  • カモミラETは早い段階で素早くシミにアプローチする特徴を持っており、カモミラエキスはキク科植物であるカミツレの葉や茎から抽出される。
  • 植物成分のカモミラETに重篤な副作用は報告されていないが、キク科植物にアレルギー症状がある場合は使用は控えたほうがよい。
  • 天然成分で安全性の高いカモミラETが配合された化粧品にはカモミラET以外の他成分も配合されているため、他の成分にも注意が必要