アルブチンの美白効果はどのくらい?効能と副作用について解説

アルブチン

美白化粧品の主成分として配合されるアルブチンですが、美白効果や副作用などはあるのでしょうか。アルブチンによって「肌が明るくなった」「シミやソバカスができにくくなった」と言う女性も多いはず。今まで紫外線に当たる機会が多くて黒ずみが気になっていた方は、アルブチンの効能に注目ですよ。
また、アルブチンは肌の漂白剤と呼ばれる“ハイドロキノン”とも深い関係があるため、ハイドロキノンとの比較も検証しましょう。

アルブチンとは

化粧品容器イメージ画像
色素沈着をはじめとした紫外線によるトラブル肌にアルブチン配合の化粧品をお使いの女性も多いですね。その安全性から日々の美白お手入れとして継続しやすい成分であり、体の広範囲に安心して使用できる美白成分と言えるでしょう。

アルブチンはどのような効能が期待できて、ハイドロキノンとの使い分けはどのようにするのでしょうか。

関連記事美白成分の種類と選び方!美白肌の敵メラニンを薄くする成分とは?

アルブチンの種類

アルブチンは 梨、コケモモ、サンタベリーなど から抽出される「αアルブチン」とウルウルチなどから抽出される「βアルブチン」の2種類があります。αアルブチンの方がβアルブチンよりも美白効果が高めだという見解もあるでしょう。

どちらかにアレルギー反応を示してしまう事も否定できないため、α、βどちらのアルブチンが使用配合されているかを確認する必要がありますね。

アルブチンの効果・効能

アルブチンはシミやソバカス、色素沈着の予防効果が期待できる美白成分です。ですから、日々の予防と言う意味でアルブチン配合の化粧品を使用している人は多いですね。

シミのメカニズムとアルブチンの関係から説明すると、紫外線が当たるとチロシナーゼという情報伝達物質が増えてメラノサイトにシミを作れ!と言う命令を出します。この情報伝達物質を止める働きを担うのがアルブチンなのです。メラノサイトが活性化してシミなどの色素沈着を酷くさせる前の早い段階でケアできるため、万全な予防効果となるでしょう。

関連記事シミを改善する美容液の選び方と美容液選びのポイント3つ

また、メラニン抑制や、ターンオーバーの正常化に効果が高い「ビタミンC誘導体」をアルブチンと併用させる事で、相乗効果が期待でき、アルブチンの効果が更に高まります。そのような背景から、アルブチン配合の化粧品には、必ずと言って良いほどビタミンC誘導体が配合されているのです。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

また、アルブチンを使用する上で厳守したい事が、紫外線をカットすると言う事でしょう。特に、紫外線の影響を受けやすい生活を送っている人は、日焼け止めと美白を同時に使用する事で、それ以上メラニンを増加させるような現象をストップさせてくれます。

もちろん、山や海などの紫外線が劇的に高い場所では、それよりもSPFの高い日焼け止めが必要です。ですが、アルブチンは美白力に即効性がないため、ゆっくりと効果を待つ必要があるでしょう。

関連記事美白に日焼け止めは必須!部位別おすすめ日焼け止め3選

アルブチンに副作用はある?

アルブチンに副作用はある?
アルブチンはハイドロキノンのようにできてしまったシミやソバカスを薄くするような即効性はありません。と言う事は肌に対して緩やかに働きかけるため、肌に負担がかかりにくいと言えるでしょう。アルブチンは妊婦さんでも使用できるくらいに安全なのです。

とは言っても、アルブチンはハイドロキノンの成分を含んでいるため、ハイドロキノンでアレルギー反応が出た人はアルブチンでも肌荒れや、赤く腫れるなどの悪影響が出る事も否めないでしょう。いずれにしても、使い始める時には、腕の内側や首筋の皮膚が柔らかい部位にアレルギー反応を確かめるパッチテストなどをしてから使用する事が望ましいですね。

また、アルブチンでもβアルブチンよりも、αアルブチンの方がアレルギー反応がでにくい傾向があります。

関連記事ハイドロキノン効果には副作用も!シミのない箇所に塗るのはNG

アルブチンとハイドロキノンを比較

美白イメージ画像
アルブチンについて効能や副作用を検証してきましたが、実はアルブチンとハイドロキノンは切っても切れない関係があります。

「肌の漂白剤」とまで呼ばれてその美白成果に期待が集まるハイドロキノンは、美白力があるだけに、肌に強いダメージを与える事が懸念されていました。元々、ハイドロキノンは印刷などに使用する還元力の高い溶剤を元にした成分で、それを使用していた作業者の手が白くなった事から、ハイドロキノンの美白効果が発見されるようになったのです。

ですが、ハイドロキノンの美白力は期待されていても、副作用の心配の方が大きくなり、「どうにかこの成分を副作用なしで活用できないか…」と言う観点から、副作用の心配ないアルブチンの発見、研究に至ったのです。

関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

アルブチンは、まだできる前のシミやソバカスの予防効果ができる一方で、ハイドロキノンは、もうできてしまったシミソバカス、肝斑、色素沈着などのあらゆるメラニン疾患に効果が出せて、しかも即効性が期待できるのです。

ですが、心配な点はなんと言っても副作用です。使い続けると部分的に白く抜けるなどの白斑ができてしまったり、赤く腫れたりするため、注意が必要と言えるでしょう。ですから、国内ではハイドロキノンによる濃度基準が決まっていますし、ハイドロキノンを慎重に使用しなければならない事になっているのです。

簡単に言ってしまえば、アルブチンは副作用の心配はあまりありませんが、シミ、ソバカスの予防対策と言う用途で使用され、副作用の懸念されるハイドロキノンは、できてしまった濃い色素沈着に使用されるものと心得ておきましょう。

いずれにしても、忘れてはならないケアが紫外線を防止するUVケアです。日常の生活紫外線ならば、SPF30程度のUVケアを併用する必要があります。ですから、UVケアを併用しないと、アルブチンもハイドロキノンどちらを使用しても満足な効果を出す事はできないでしょう。

関連記事紫外線は肌の老化を早めるだけでなく季節や時間帯・日陰や室内でも影響あり!

まとめ

  • アルブチンには「αアルブチン」と「βアルブチン」の2種類がある。アレルギー反応を示すことも考えられるため、どちらのアルブチンが使用配合されているかを確認する必要がある。
  • アルブチンは美白力に即効性がないため、ゆっくりと効果を待つ必要がある。
  • UVケアを併用しないと満足な効果を期待することはできない。