ハイドロキノンの美白効果は即効性あり?濃度に注意して正しく使用する方法とは

美白クリームを顔につけた笑顔の女性

ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくるメラノサイトそのものを減少させてくれる成分です。そのため、ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどの美白効果があります。しかし、使い方を間違えば副作用の心配もあります。特徴や使い方、副作用について紹介します。

美白コスメでのケア

美白コスメでケアする女性
肌も加齢とともに衰えが目立ってきますが、特にシミは一度できると完全に消すことは難しく、しかも少しずつ増えてくる、濃くなるなど悪化しやすい症状です。

改善のためには紫外線を防ぐ、美白コスメやサプリメントでケアを行うなどがあげられますが、シミは紫外線の影響だけではなく、にきび跡の色素沈着や女性特有の肝班もありますので、それぞれに合う対策が必要です。

一般的なケアでは美白効果の高いローション、美容液、クリームやパックなどのケアが行われていますが、こうしたケアをしていてもいまひとつ改善が得られないという人も多いのではないでしょうか。

一般に販売されている化粧品の場合はこれからできるシミを予防する効果はあっても、今できているシミを薄くできないものも多くありますので、購入前にはそれぞれのコスメの特徴をよく知っておくことが大切です。

関連記事黒ずみにおすすめの美白クリーム3選&選ぶ時のポイント

医療機関での治療も考える

医療機関でピーリングを受ける女性
自宅でのお手入れで改善が得られない場合は、医療機関での治療も検討してみましょう。美容外科、美容皮膚科などの治療ではさまざまな対策が用意されており、ピーリングで肌の代謝アップを目指す方法もあれば、レーザーで気になるシミをピンポイントで照射することもできます。

特に取り入れやすい治療は飲み薬や塗り薬での治療があり、一般的にドラッグストアなどで販売されている薬よりも高い効果を期待することができます。美白に役立つ薬にもさまざまな種類がありますが、ハイドロキノンは塗るタイプの薬としてよく選ばれているものです。

ビタミンCなどの美白成分はこれからできるシミの予防に役立ちますが、ハイドロキノンは今できているシミを薄くするのに役立つものです。高い効果を期待できる薬ですが、それだけに作用も強いので、利用する場合は正しい使い方を心がけるようにしましょう。

関連記事皮膚科でのシミ治療はどんなことをするの?保険は効く?
関連記事皮膚の色素沈着改善にビタミンCは鉄板!ニキビ跡やクマにも効果あり?

ハイドロキノンの特徴を知る

クリームを手にのせる女性
ハイドロキノンは高い漂白作用があり、シミの原因となるメラニン色素の合成を抑える働きがあり、同じく美白に役立つとして知られているコウジ酸やアルブチンと比較してもかなり優れた働きがあるとされています。すでにできているシミにアプローチすることができ、シミや色素沈着の改善のほかにもニキビ跡の改善にも役立てられています。

顔全体に使うものではなく、シミ部分に使うものですので、綿棒などを使ってつけるようにしましょう。

アメリカでは主流の美白クリームで、日本では以前は医師の管理下で使用されていましたが、2001年の薬事法の規制緩和により化粧品にも使用が許可されました。今できているシミの改善にとても役立つ薬ですが、作用が強いこともありますので、使用前には正しい使い方、副作用についても知っておきましょう。

関連記事別名、肌の漂白剤【ハイドロキノン】!使用方法の4つの注意点!
関連記事美白の定番?ハイドロキノンの効果が期待できるシミのタイプ

ハイドロキノンの副作用について知る

ハイドロキノンを使う場合は、まずはしっかりと洗顔をして清潔な肌にしておくことが大切です。洗顔直後は肌に水分があり、浸透が良くなっていますので、洗顔後はすぐに塗らず、少し待ってから塗ると効きすぎを防ぐことができます。この場合もシミができているところだけに塗りましょう。

顔を洗う女性
シミのないところに塗ると白斑の症状が出てしまうこともあるので正しく塗ることが大切です。

使用時は紫外線の影響を受けやすくなっていますので、できれば外出は避け、外出する場合も日焼け止めなどでしっかりと肌を守るようにしましょう。そして酸化しやすい成分ですので、使用期限はきちんと守ることも大事です。

濃度が濃くなるとそれだけトラブルもおきやすくなりますので、4%以下で使うようにしましょう。濃度が高くなればそれだけ美白効果が高くなるといえますが、その分刺激が強くなり、肌がひりひりしたり、赤みが出てしまうことにつながります。

使用前には目立たない部分でパッチテストを行っておくとより安心です。特に肌の弱い人は必ずテストしておきましょう。

関連記事シミ予防は日焼け防止が基本!紫外線A派B派別の日焼け止めの選び方

副作用のない美白成分はあるの?

ハイドロキノンには副作用があり、使用する上で注意しなければいけないことが多いですが、同じ美白に効果のある成分でも副作用の少ないものはたくさんあります。

そのひとつに、トラネキサム酸という成分がありますが、この成分は医療の現場にも用いられるほど認められている成分で、シミの原因であるメラニンの生成を阻止してくれる働きをもつため、黒ずみやシミが起こる心配すらありません。

関連記事トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう

この成分に注目をし、つくられた美容化粧品の中に「ホスピピュア」というものがありますが、多くの美白有効成分を配合し、顔、ワキ、バストトップ、ひじ、膝、くるぶしなどさまざまな部位に使用することができます。

ホスピピュア画像
ホスピピュアの詳細はこちら

このように、美白成分にもさまざまなものがありますし、ぜひ自分に合う商品を見つけてみてください。

関連記事美白成分豊富なホスピピュアの記事はこちら

まとめ

  • 黒ずみやくすみは美白コスメや医療機関での治療が可能
  • ハイドロキノンは高い美白効果がある一方で副作用がある
  • 副作用のないトラネキサム酸を配合した美白クリームがおすすめ!