トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう

トラネキサム酸の効果とは1

30~40代の女性の方でしたら肝斑に悩まれる方も少なくありません。肝斑とは、頬骨や目尻の下あたりに左右対称にできるシミの一種で、30~40代の方にできやすく、トラネキサム酸という成分の内服が治療に効果的だと言われています。

今回は、肝斑に関する知識と、有効成分トラネキサム酸についてお話していきたいと思います。

肝斑の悩みとは

お肌というのは女性の多くが大事にしています。お肌には自己再生能力があり、多少日焼けしたり紫外線を浴びたとしても、日差しが弱くなる秋にはお肌の傷みが元に戻って、綺麗になるものです。

しかし、歳を重ねるごとにその回復力が弱くなり、くすみやシミが表れるようになります。これは肝斑という症状で、単に外的要因だけでなく内的要因も考慮に入れなければなりません。

主にほほの内側に出来るもので、左右対称の大きさで現れる傾向にあります。しかも結構な範囲の広さでもやっと広がり、場合によっては口や額に出来ることもあります。

このように、肝斑は範囲が広い分、見た目で大きな損をする傾向にあります。化粧をしたとしても、肝斑の輪郭がうっすらと浮き出してしまうので、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

だからと言って厚化粧をすればそれだけお肌に負担をかけてしまい、さらなる肌老化の原因となりかねません。しっかりと原因を追及して、対策をしたいものです。

関連記事治し方が違う!シミと肝斑の違いと意外な共通点とは

肝斑の原因はストレスや女性ホルモンが関わっている

肝斑の原因は実際には不明な部分も大きいようですが、現在分かっている所では30~40代に発症しやすいという点です。

この年齢で共通する事は、性行為や出産の経験があることで、特に妊娠やピルなどの服用を契機に発症する事が多いです。特に育児や仕事などで精神的などでなストレスを抱えると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、肝斑を引き起こしやすくなります。

また、過度のマッサージや大きな刺激が引金で悪化します。つまり、男性より女性が罹りやすいといえます。

肝斑の対策として、初期症状なら紫外線対策や美白化粧品で何とかなる側面もあります。しかし、他の種類のシミと合併している場合はそうもいきません。

シミに効果があっても肝斑に悪影響を与えるケースもありますし、反対に肝斑に効果があってもシミに悪影響がある場合があるからです。

肝斑と思しき症状が出たら、皮膚科を受診しましょう。基本的には長期間で継続的な治療が必要になるため、経験豊富なお医者さんに相談することが望ましいです。

肝斑かも?簡単セルフチェック

肝斑か、ただのシミか、なかなか自分では判断し難いものです。
そんな方のためにも、簡単に自分でチェックできる項目をご紹介しますので、セルフチェックを行ってみてください!

  • 30〜40歳代に突然シミができた
  • ほほ骨に沿っていたり、目尻の下あたりに左右対称のシミ
  • 形状が、円形ではなく、ぼやけた感じに広がっている
  • シミは目のフチを避けるように出ている
  • 季節によって濃さが変化
  • 紫外線対策やビタミン補給では効果なし
  • フェイスマッサージをしっかりやる方
  • 妊娠したことがある方や、経口避妊薬(ピル)を服用している方
  • 日常生活において強いストレスを感じている
  • レーザー治療で悪化したことがある

いかがでしたでしょうか?
このチェック項目に当てはまる数が多い方ほど、肝斑の可能性が高くなります。

さらに、肝斑には種類があります。

  • 頬骨と鼻下などに分散して現れるタイプ
  • 頬からこめかみ、額まで広範囲に現れるタイプ
  • 頬骨の上に三日月上に細く出るタイプ
  • 頬骨を中心に左右対称な地図上タイプ

以下に肝斑の種類が分かりやすいイメージ図を載せておきますので、こちらもご参考にしてくださいね。

肝斑

引用元:kanpan-nayami.com

 
チェックをしてみて当てはまる項目が多かった方や、この写真と似ているかも?と不安に思う方は、病院で診てもらうと安心かもしれませんね。

病院では、トラネキサム酸を出してもらえるところがほとんどなので、服用して内側から治療していきましょう。

関連記事肝斑治療にオススメの化粧品【トラネキサム酸】とスキンケア方法!

トラネキサム酸を活用しよう

トラネキサム酸とはどういうものでしょうか。これは、メラニンの作成を抑制して多くの炎症を抑えるので、肝斑だけでなくシミやそばかすなどを改善してくれることを期待できます。

これはアミノ酸由来の成分で、抗アレルギー効果や止血効果を持つので、他の症状とかち合いにくく、副作用の危険性が少ないと評判です。メカニズムを簡単に説明しますと、シミの原因である細胞の「メラノサイト」の周りから、メラニンを生成します。

つまり「プロスタグランジン」等をブロックしてくれるのです。肝斑はメラサイトの活性化が一因が、トラネキサム酸がその根源を断ち切ってくれるので、こうした症状に有効的という事です。

関連記事肝斑の治療にレーザー治療はNGなの?トラネキサム酸が効果絶大!

長所短所を見極めて、ちゃんと予防もしましょう

これほど素晴らしいものですが勿論、トラネキサム酸を安易に使えばいいというわけではありません。副作用は少ないといわれますが、止血作用があるので注意しましょう。

つまり血を固める作用があるので、血栓症の方や月経過多の治療薬を使っている方は医師の相談が必要です。第一種医薬品であるため、入手する場合は専門家の指導の下で正しく使用しましょう。

前述のとおり、原因はストレスや紫外線をはじめとする外的要因に、体が追いつかなくなる事が大きいです。紫外線対策をするだけでなく、ストレスのない平静な生活を心がけていく事が肝要です。できてからの対策はもちろん、予防が何よりも大切です。

そのうえで、トラネキサム酸といった有効成分の効果を活用して、問題に対抗していきましょう。

30代を超えるとお肌の悩みがいろいろ出ますが、しっかりと安全な方法でスキンケアをしていきたいものです。

関連記事顔の黒ずみの原因と対処法を知り美白肌になろう

美白化粧品を活用しましょう

スキンケアの方法は人それぞれ、手段さまざまです。

今回はトラネキサム酸についてお話しましたが、この成分を使った、黒ずみ・シミに大変有効的な商品が、現在では数多く存在します。

そのひとつに、湘南美容外科クリニックが共同開発した「ホスピピュア」という商品があります。

この商品にはトラネキサム酸のほか、シミの原因であるメラニンにアプローチする10種類の成分に加え、肌サイクルを整えてくれる「セイヨウナシ果汁エキス」や、保湿効果が期待できる「シアバター」「スクワラン」など美白を徹底的に追求した成分が多様に含まれます。

ホスピピュア成分画像
関連記事有名女性誌にも取り上げられるほど人気の美白系スキンケア「ホスピピュア」

公式サイトトラネキサム酸配合のホスピピュアを公式サイトで確認!

肌のシミやくすみは、女性にとって大敵。いくつからでも、いくつになっても一生悩みが尽きないというのが現実ですよね。

私自信、ホスピピュアを使い、その効果に驚きました。注目されている人気も高い商品ですし、個人的にもオススメなので、お時間のあるときに公式サイトを覗いてみるのも良いと思います。

自分に合う商品を見つけるまでには、多少時間はかかると思いますが、皆さんが「これだ!」という商品に出会えるといいなと心から思っています。

まとめ

  • 肝斑の原因はストレスや女性ホルモン。30~40代に発症しやすい傾向
  • トラネキサム酸は肝斑だけでなくシミやそばかすなどにも効果が期待出来る
  • 紫外線対策やノンストレスの生活環境も大切