いちご鼻がファンデーションを塗ると目立つ!毛穴を隠す方法はある?

いちご鼻 ファンデ

鼻の毛穴のブツブツが目立ってしまう”いちご鼻”に悩んでいる女性も多いですよね。毛穴が目立つと化粧で隠そうとしてファンデーションを厚塗りする人もいますが、実はこれは毛穴を余計に目立たせるNGなファンデーションの塗り方なのです。

いちご鼻をできるだけ目立たなくさせるために知っておきたい、ファンデーションの塗り方をご紹介します。

いちご鼻を目立たなくさせるファンデーションの塗り方

いちご鼻を目立たなくさせるファンデーションの塗り方
いちご鼻になってしまったら諦めるしかないと思うかもしれませんが、ポイントさえきちんと押さえればいちご鼻を目立たなくさせることはできます。

いちご鼻を目立たなくするためのスキンケアや効果的な化粧のポイント、その手順について解説します。

化粧水で毛穴を引き締める

まず化粧をする前に洗顔をし、毛穴引き締め効果のある化粧水を使うことが重要です。

いちご鼻が化粧水によって解消されると言われているのにはきちんと理由があり、化粧水をきちんと使っているのになかなか良くならない人の場合は、使っている化粧水の成分が自分に合っていないからなのではないでしょうか。

毛穴ができるのにはいくつかの原因があり、皮脂やたるみ、乾燥などがその代表的なものです。毛穴の開きの原因を解消するためには、保水効果の高いスキンケア化粧品を使って毛穴を引き締めていくことが大切です。

そして、それが終わってからメイクをすることで、いちご鼻は目立たなくなる可能性は高くなります。

関連記事脂取り紙の使い過ぎも要注意?いちご鼻の原因と改善策

毛穴専用の下地を使う

いちご鼻が気になる時に選ぶべき下地は通常の下地ではなく、毛穴専用の下地です。

毛穴専用の下地の良いところは肌との密着感がない点です。肌との密着感がある下地は使い勝手が良いように思えますが、実は毛穴を逆に目立たせてしまうという意味でいちご鼻など毛穴の開きに悩んでいる人の使用には不向きなのです。

いちご鼻の場合はサラサラとしたタイプの下地を使うと良いでしょう。

下地の色はイエロー系がベストで、できるだけ軽めに付けます。下地を薄く塗ることでその後のファンデーションを塗った時の厚さが変わってきます。

基本的にいちご鼻など毛穴の開きがある場合は厚く塗らず、薄く塗っていくことで気になる毛穴を隠しやすくなるのでできるだけ薄く塗ることを意識してみてください。

関連記事【いちご鼻の治し方】毛穴に直接アプローチするパックのやり方

ファンデーションは薄く

下地は薄く塗るのが良いとご説明しましたが、ファンデーションも同様に薄く塗っていくことで肌の凸凹が目立つのを隠すことができます。

顔の全てに同じファンデーションを使用する必要はなく、いちご鼻の場合はTゾーンだけリキッドファンデーションを使うのがおすすめです。

使い方は水でスポンジを湿らせ、リキッドファンデーションを薄くのせてTゾーンのみに付けていきます。厚塗りをしないで薄く塗ればこれだけでも綺麗に見えます。

いちご鼻や毛穴のある部位にリキッドファンデーションを使うメリットはパウダーでは粒が大きく、毛穴に対するカバー力は低めだから液体であるリキッドファンデーションの方が向いているというところにあります。

液体だからつい使いすぎてしまうこともありますが、そういった点に注意してしっかりとリキッドファンデーションで毛穴をカバーしていきましょう。

関連記事いちご鼻改善には石鹸がおすすめ!使い方と洗顔方法ご紹介!

お化粧直しは化粧水+パウダー

お化粧直しは化粧水+パウダーファンデーション
一日中メイクをしているとファンデーションがよれたり、化粧が崩れてしまうこともよくありますよね。

よれてしまってからお化粧直しが必要になった場合は、よれを修復するためにコットンに化粧水を含ませ、まずよれている部分をそのコットンで押さえていきます。そして、その後に白粉で肌を整えていき、最後にパウダーファンデーションを付ければ完成です。

この時にも厚塗りはダメで、薄く塗って押さえる程度にするということを覚えておいてください。小さな化粧水を持ち歩くと便利ですよ。

関連記事いちご鼻を改善する洗顔法は肌に負担をかけない洗い方がコツ!

いちご鼻にはクレイパックがおすすめ

いちご鼻にはクレイパック
いちご鼻の角栓を取るための道具として角栓取りシートというものがありますよね。これはシールということもあり粘着力もあって強力ですが、実は肌への刺激や負担が強すぎるので既に毛穴が開いた状態の肌に使うのは良くありません。

使ってみると剥がす時に痛みを感じますが、それがそのまま肌への負担となると考えて良いでしょう。使い続けてしまうと余計に毛穴が広がってしまい、余計に角栓が詰まりやすくなってしまう危険性もあります。

そこで、シールの代わりに使いたいのがクレイパックです。クレイは泥のことですが、天然のミネラル成分がたくさん含まれていて肌に優しいのに角栓や汚れを取る力があるのです。

クレイは使っているうちに乾燥してくるのですが、刺激に弱いところに使う時には注意をしなければいけません。

クレイパックを安全に使うためには塗ってから乾く前に洗い流すことがポイントです。

クレイは顔が乾いた状態でも濡れた状態でも使うことが可能ですが、乾いた状態ならパックとして使い、濡れた状態ならマッサージをするのに適しています。

クレイパックはただいちご鼻を改善させるだけでなく、保湿効果や皮脂が過剰に分泌されることを防止してくれるなどの嬉しい効果がいくつもあります。

今までつい角栓をシールで剥がしていたという方も、これからは天然のパックで肌に優しいクレイパックを使い、いちご鼻の改善を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事いちご鼻にはパックが一番?パックの種類と正しい使い方

まとめ

  • 毛穴を引き締めるには化粧水を使用する。ファンデーションを塗る前に毛穴専用の下地を薄くつけて毛穴をカバー。下地の色はイエロー系がおすすめ。
  • いちご鼻の場合はTゾーンだけリキッドファンデーションを使うのがおすすめ。
  • お化粧直しは化粧水+パウダーファンデーションで。この時も薄く押さえるようにつけるのがポイント。
  • いちご鼻にはクレイパックがおすすめ。いちご鼻を改善させるだけでなく、保湿効果や皮脂が過剰に分泌されることを防止してくれる効果が期待できる。