本気でいちご鼻を治したい!皮膚科での治療法とは?

いちご鼻 皮膚科

鼻の黒いぼつぼつの汚れ。自分でできるケア方法はたくさんありますが、本格的にいちご鼻を改善するには皮膚科で治療を受けることもできます。

どのような方法があるのか早速ご紹介しましょう。

いちご鼻の原因

なぜいちご鼻になるか原因をご存じですか? 汚れが毛穴に入っているのはなんとなくイメージできますが、洗顔で落ちない汚れって一体どんな汚れなのでしょうか。

鼻はTゾーンと呼ばれる部位で、皮脂の分泌がとても多いことが特徴。毛穴には過剰に分泌された皮脂、古い角質、肌の乾燥など色々な要因が重なっています。

毛穴に詰まった汚れが酸化することで黒ずみが目立ち、この汚れがたまるほど毛穴の開きの原因にもなっています。

皮脂が過剰に分泌されてしまうのはオイリータイプの肌だから、というだけではありません。洗顔のやり過ぎや保湿ケアが充分でないと肌が乾燥するため、潤いを与えるために皮脂が分泌されます。

いちご鼻を改善するには汚れを取るだけでなく、肌の働き自体を改善しないといけないのです。

皮脂の他にも古い角質も毛穴の汚れの一つ。角質はターンオーバーにより古いものから新しいものへと交代します。しかし年齢や生活習慣、肌環境が悪いと肌のターンオーバーも通常の28日周期のサイクルが乱れ、角質が肌に残ってしまう事もあります。

このようにスキンケア以外での要因もいちご鼻は関係している為、あらゆる角度からアプローチしないと満足できる結果が得られない場合もありますよ。

いちご鼻を改善する為の毛穴ケアの化粧品や洗顔料なども販売されていますが、自分で改善するには時間がかかります。どうしても確実に綺麗にしたいという時は皮膚科で専門的な治療を受け、気になるいちご鼻から解放される方法もあります。

皮膚科でのいちご鼻改善治療

いちご鼻を皮膚科で治すとしたら、どのような治療方法があるのでしょうか。そこで一般的に行われている3つの治療方法をご紹介しましょう。

レーザー治療

いちご鼻の毛穴の黒い汚れに反応するレーザーを使い、古い角栓や汚れを取り除く方法です。

レーザーを気になる部位に照射し、熱によりメラニン色素を部分的に破壊して治療を行います。レーザー治療は継続すると美肌成分のコラーゲンの再生にもメリットになるため、肌のハリが回復し毛穴の開きが目立たなくなる効果もあります。

汚れを排除するレーザー治療以外には、皮膚の真皮層に熱を与え毛穴引き締めのためにコラーゲンを活発にさせる治療方法もあります。

ケミカルピーリング

ピーリングは市販でも購入できるアイテムですが、皮膚科で受ける治療はさらに効果が高く、いちご鼻の汚れの原因、角栓を綺麗に薬剤で溶かす方法です。

古い角質を強制的に剥がし、新しい角質の生成を促す為年齢により新陳代謝が減少している方にもオススメ。ニキビ跡の改善でもピーリングはとても人気があります。この治療は10日ごとに約6回前後の治療を受けると効果的とも言われています。

サプリメント・塗り薬

サプリメントは体のなかから美白する成分を補う方法。肌の働きを活発にする為のビタミン類やプラセンタなどの美肌成分をサプリメントとして飲む方法です。

また炎症が激しい時は抗菌塗り薬が処方されることもあります。基本的にピーリングやレーザー治療は美容目的なので保険は適応されませんのでご注意ください。

関連記事肌の色素沈着を改善するにはやっぱりサプリメントが効果あり?

いちご鼻を改善する生活習慣とは?

いちご鼻を皮膚科で治療するのはお金がかかります。できれば日頃から自分でできるケアを方法で予防したいですよね。また皮膚科で治療中もなるべく効果が出やすいように、日頃の生活ではいくつかの注意ポイントがあります。

いちご鼻にならないようにするためにはまず睡眠時間が基本。肌の回復を早め、新陳代謝を活発にするには質の高い睡眠は欠かせません。早寝早起きの規則正しい生活を送りましょう。

いちご鼻は毛穴のつまりからくるものですから、洗顔をするときもできるだけ優しく洗い、ゴシゴシと擦ったりしないようにしましょう。

そして食事の栄養バランスも肌の働きに与える影響がとても多いですよね。食物繊維が多い食事、ビタミンCなどの美肌成分などを心がけ、逆に皮脂の分泌が増える脂質や糖質の多い食べものは控えましょう。

タバコや飲酒もいちご鼻にはNG。タバコに含まれるニコチンは血液の流れを悪くする働きがある為、体内の老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

アルコールも同様に飲み過ぎは健康のバランスを崩す原因。夜の飲酒は睡眠の質を悪くするため飲む量には注意しましょう。

関連記事その場しのぎじゃ治らない!いちご鼻の改善方法

綺麗な肌を作る為には毎日のちょっとした心がけが大切。いちご鼻を改善しても、再発させないようにするには自分の努力が欠かせません。健康な体を維持することが美肌を保つコツなのです。

定期的な運動をして、体内の新陳代謝を活発にしましょう。そして日頃からストレスをためない生活を送る事。リラックスできる時間をつくりお肌も心ものんびりできる習慣があるといいですね。

関連記事トラネキサム酸配合で湘南美容外科が開発したホスピピュア

まとめ

  • レーザー治療は気になる部位にレーザーを照射し、熱によりメラニン色素を部分的に破壊して治療を行う。
  • 皮膚科で受ける治療は市販されているものよりもさらに効果が高く、角栓を綺麗に薬剤で溶かす方法。
  • ピーリングやレーザー治療は美容目的なので保険は適応されない。