脂取り紙の使い過ぎも要注意?いちご鼻の原因と改善策

いちご鼻 原因

小鼻の毛穴に汚れがつまり、いちごのぼつぼつのように見えることから、「いちご鼻」と呼ばれることがあります。

毛穴の汚れは中に詰まっているので、洗顔だけで簡単に綺麗にするのは難しいですよね。この厄介ないちご鼻の原因と対策方法についてご紹介したいと思います。

いちご鼻の原因ってなんだか知ってる?

いちご鼻はイチゴのぼつぼつのように、毛穴の汚れが目立つこと。綺麗にするためにはまずいちご鼻の原因を理解しておきましょう。

いちご鼻の原因は毛穴の角栓が原因となります。角栓とは古い角質や過剰な皮脂、メイクの洗い残しなどが詰まったもので、毛穴に詰まると開きの原因にもなってしまいます。

角栓の先端部分が酸化すると黒ずみとなり、いちご鼻になってしまうのです。

一度詰まった汚れは洗顔で簡単には落とせませんよね。毛穴パックや化粧品など色々なグッズがあり、毛穴の黒ずみを改善する方法があります。

そもそも毛穴の働きは皮脂を分泌をして肌の乾燥を防ぎ、化学物質やほこりなどから肌を守る大切な役割があります。同時に体内の老廃物を排出するため、バリア機能とデトックス機能を二つ同時におこなっているのです。

毛穴の黒ずみは肌が不安定な状態。健康な肌は毛穴の汚れも綺麗に取れやすく、肌環境がいつも安定しています。

鼻の部分のTゾーンと呼ばれる部位は顔のほかの部分と比べると毛穴の数は7倍以上もある為、皮脂の分泌も多く、毛穴の黒ずみが目立ちやすい特徴があります。

毛穴の汚れにはホコリやメイクの残りなどの汚れが詰まったものや、乾燥して毛穴が広がっている状態、そしてオイリータイプの皮脂が多い汚れタイプなど様々です。自分の肌環境をよく知ることがいちご鼻の最適な改善方法を見つけるコツ。

無理やりごしごし擦っても綺麗にならないのは肌の働きなども関係しているため。根本から改善するには原因に合った対策が必要ですね。

いちご鼻を悪化させるNG行動

いちご鼻を力づくで改善しようとするとかえって悪化させる原因。そこでいちご鼻を改善するには、現状よりも悪化させないことがポイントです。

まず注意したいのがコメドプッシャーを使い毛穴の角栓を無理やりとる行動。また爪先で毛穴から無理に押し出すのも皮膚を傷つける原因です。

0913kuic02-1
このように無理なケアをすると毛穴が開いてしまい、でこぼこになる原因です。

これと同様に市販のパックも注意が必要。粘着力が強い為皮膚もはがれてしまう場合もあり、肌が乾燥する原因になります。

そして毛穴の汚れは乾燥するとさらに悪化する特徴がありますので、洗顔のやりすぎもいちご鼻を悪化させる原因です。汚れが気になるとついつい何度も洗顔をしたくなりますが、大切な皮脂がなくなると肌が乾燥するだけでなく皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。

また脂取り紙で皮脂をこまめにとるのも乾燥の原因。肌の潤いが不足するとさらに皮脂が分泌されて毛穴のつまりにつながります。Tゾーンのてかりが気になるときはティッシュで軽くふき取る程度が良いでしょう。

洗顔は朝と夜の2回。そして洗顔後は保湿化粧品でしっかりと水分を補い、肌を柔軟化させることが大切です。

いちご鼻は毎日鏡をみると憂鬱になりますよね。早くなんとかしたいと思うと、ついつい無理なケアをしがちになります。力づくで治したつもりでも、肌に負担がかかるとすぐに黒ずみは戻ってしまいますよ。

関連記事肌に負担をかけずにいちご鼻を改善する洗顔方法とは?

いちご鼻予防のために気をつけること

いちご鼻を予防するためは毎日のスキンケアでちょっとだけ注意が必要です。いちご鼻の最大の問題は角栓をどうやってとるか、という点。角栓は古い角質や皮脂が詰まったものなので、2つにアプローチしながらケアをしましょう。

肌の新陳代謝の働きが減少していると古い角質がはがれずにそのまま残ってしまいます。そこで角質をとる効果が高い酵素成分が配合された洗顔料がおすすめ。ピーリングと比較しても肌に負担が少ないので敏感肌でも安心です。

関連記事酵素洗顔で黒ずみ解消!2つの注意点を守って黒ずみケア

いちご鼻 原因
そしてピーリングジェルを使って古い角質を強制的にはがす方法も効果的。しかし刺激が強い成分を使用したピーリング剤も多いので、初めて使う際は必ずパッチテストをしましょう。

いちご鼻は汚れを取るのと同時にさらに汚れがつまらないように予防対策も意識しないといけません。

保湿ケアはスキンケアの基本ですが、毛穴の汚れを防ぐためにも欠かせません。化粧水の配合成分をよくチェックして、ビタミンC誘導体が配合されたタイプを選んでみましょう。大変浸透性がよく、皮脂の分泌量をコントロールする機能があります。

また皮脂の抑制以外にも肌のターンオーバーを活性化し、細胞の再生をスピーディにする効果もあります。

保湿ケアはそれぞれの肌タイプに合わせることがポイントです。いちご鼻は汚れを取りながら自分の肌環境を整え、汚れの原因をもとからストップさせましょう。

時間をかけてコツコツ努力することが一番の近道。いちご肌をメイクで隠しても汚れはさらに悪化するだけです。

日々の繰り返しは大きな影響があります。不摂生を繰り返していたとしたら、どんなに外から肌の為にとケアをしたって意味がありません。

特にビタミンB群は皮脂の分泌、代謝といった部分にとても関わってきます。そして肌を正常に保つのもこれが影響してのこと。糖分が過剰に摂取されたりすると、余分な糖分の分解にビタミン達が回ってしまい、結果肌を正常に保つうえで必要な分が足りなくなってしまうのです。

こうした状態がニキビや毛穴つまりの肌トラブルを引き起こします。

同時に良質な睡眠、生活リズム、これらもできるだけそのサイクルを崩さないようにしましょう。

関連記事皮膚に負担なく美白できるトラネキサム酸配合のホスピピュア

まとめ

  • 毛穴はバリア機能とデトックス機能を二つ同時に行っている。
  • 無理なケアは悪循環を招くので控える。
  • 乾燥を防ぐためビタミンC誘導体が配合された化粧水で保湿ケアをしっかりと。
  • 生活習慣を見直すことも大事!日々の行いが未来の自分を作る。