くすみ肌解消法とは?食べ物を摂り入れて内側からも美肌ケア

くすみ 肌

肌のくすみは、気持ちまでどんよりと曇りますよね。

「体調が悪いの?」と周りから心配されたり、メイクが綺麗に映えないなど、ビジュアル的にちょっと損した気分になるでしょう。

そんなくすみ悩みはどういう原因で生じるのでしょうか。また、その対策を考えます。

くすみ肌の原因

顔のくすみの原因はいくつかあげられますが、その代表としてあげられるのが、「血行不良」「メラニン沈着」「保湿不足」「毛穴の影」などです。

それぞれ、発生するメカニズムや対処法が異なるため、くすみでお悩みの方は、早めに自分のくすみが、どの要因にあたるのかを見極めてケア対処していきましょう。

約80%の顔くすみの原因は“血行不良”によるものと考えられます。冷えなどから、顔の血流が低下して血色が悪くなるのです。朝つけたファンデーションが午後には、どんよりと暗くなるのは、こうしたくすみが原因と考えられるでしょう。

また、冷え性体質であったり、常に運動不足で身体中の血流循環が悪い人は、顔も同時にくすみやすくなるのです。

貧血イメージ画像
次に、顔のくすみで多い原因が、“メラニン沈着”によるものです。紫外線があたる事によって、肌を守ろうという防御機能が働いて、メラニンが発生し肌が黒くなるでしょう。

こうした防御機能は、人間の体を守るべくして生じるため、決して悪い事ではないのですが、メラニンが沈着する事で本来の肌の色を暗くしてしまうため、紫外線に対する危機意識を持つ事が大切でしょう。

さらに“保湿不足”による顔のくすみでは、角層に水分を維持する事ができずに、透明性を失ってしまいます。肌の潤い不足は、冷暖房などによる空調の乾燥や、紫外線によるものなどがあげられます。

特に通年降り注ぐ紫外線は、夏に限らず、窓ガラスなどを透過して肌の乾燥を引き起こす事になるでしょう。

さらに、年齢を重ねる事で、肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンが破壊されて、肌のたるみが生じやすくなるでしょう。そうした、たるみが、毛穴を縦長に開かせて目立ちやすくします。

毛穴が目立ちやすくなる事で、“毛穴の影”ができて、くすみの気になる肌になってしまうでしょう。また、こうしてたるんだ毛穴に皮脂や汚れが付着し、酸化する事で毛穴の黒ずみが生じ、顔のくすみが起こるのです。

くすみ肌の解消法

顔のくすみは、それぞれの原因に合わせた対処法が大切になります。

“血行不良”によるくすみは、肌の血流をスムーズにするように、マッサージなどを取り入れましょう。使用するマッサージには、指圧を高めるポリマーやスクラブが配合されているのが望ましいですが、肌が敏感な方はこうした粒は刺激になるため、避けたいものです。

また、肌の代謝を高めるビタミンEなどが配合されていると良いですね。血行不良によるくすみは、マッサージがケアが中心となりますが、バスタイム中やバスタイム後に使用するのが理想的な手順になります。

“メラニンの沈着”によるくすみには、美白ケアと紫外線対策の2本立てケアが中心になるでしょう。例えば、紫外線によりできてしまったシミやそばかすは、美白化粧品を使ってメラニンケアをする事で抑制できます。

また、同時にUVカットを施す事で、予防する事が大切です。帽子や日傘なども日常生活に十分取り入れて紫外線をしっかり対策しましょう。

日よけ
“潤い不足”によるくすみには、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されたスキンケアで水分維持のお手入れをしましょう。肌のキメを整える働きのあるセラミドや、内側から肌を美しくするプラセンタエキスなどが配合されているスキンケアも、肌の明るさにつながります。

こうした、スキンケアはマッサージするようにつけてあげると、尚効果的ですね。

“毛穴の影”によるくすみは、たるみを改善してあげる事で緩和します。エラスチンやコラーゲンを強化するような美容液を使う事でサポートしてあげましょう。また、毛穴の汚れをしっかり排出させるためにも、質の良い睡眠を摂取して肌のターンオーバーを整えると良いですね。

関連記事脱くすみ肌!原因5つからわかるタイプ別の予防と対処法

くすみ肌改善のための食べ物

くすみ肌には、原因に見合ったスキンケアが大切ですが、肌細胞は、普段食べている栄養素が原料となり生成されます。くすみ肌改善の食べ物を積極的に摂り入れて、内側からもくすみ肌対策を行いましょう。

ビタミン類

多種のビタミン類の中でも、豚レバーなどに含まれるビタミンAは、肌の生まれ変わりを助けてくれるため、古い角質の除去をスムーズします。

チーズなどに含まれるビタミンB2は、肌の代謝を促進したり、レモンなどに含まれるビタミンCはシミそばかすを抑える働きを持ちます。さらにセサミンなどに多く含まれるビタミンEは血流を促進してくれるでしょう。

これらのビタミン類が相互に関わる事で、肌が明るくなるでしょう。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

鉄分

鉄分は血管の中で、酸素を取り入れたり、老廃物を排出する役割のある成分です。鉄分が不足すると、二酸化炭素の多い濁りある血液が流れてしまうため、顔のくすみがひどくなるでしょう。特に、目の下の茶グマは鉄分不足が顕著に現れる部位です。

また、鉄分だけでは、吸収されにくいため、ビタミンCを併用摂取するのが望ましいですね。

鉄分が豊富に含まれる食材は、レバー、小松菜、ほうれん草、プルーンなどがあげられるため積極的に摂取しましょう。

DHA

DHAは、血液をサラサラにして血流を良くする働きがあります。そうする事で、栄養素がスムーズに行き渡るため、肌の血色が良くなり、くすみのない明るい肌が誕生できるのです。

DHAは、さんま、いわし、サバなどの青魚に多く含まれる成分です。

まとめ

  • 顔のくすみの原因には「血行不良」「メラニン沈着」「保湿不足」「毛穴の影」などが代表として挙げられる。
  • 顔のくすみは、それぞれの原因に合わせた対処法が大切。
  • 肌細胞は、普段食べている栄養素が原料となり生成されるため、くすみ肌改善の食べ物を積極的に摂り入れることが大事。