Vラインの黒ずみ治療で重要なクリニック選びの3つのポイント!

Vライン 黒ずみ 治療

ビキニラインの黒ずみの悩みを誰にも相談できない…と苦しんでいませんか?
vゾーンの色素沈着問題を打ち明けるのに一番良い相手は、皮膚科の先生です。

黒ずんだビキニラインはどうすることもできない、と思い込んでいらっしゃる女性も少なくありませんが、皮膚科で治療すればびっくりするぐらい薄くなります。

軽度の色素沈着なら、元に戻すことも可能です。レーザー治療や内服薬、クリームなど色々な治療方法があります。

一人で胸を痛めるよりもまずはカウンセリングを受けましょう。

vラインの黒ずみは治療可能??

今度こそ効く、と信じて、ビキニラインの黒ずみ対策用の美白クリームや石鹸にお金を注ぎ込んでいる女性は少なくありません。

残念ながら、市販のクリームやジェルは配合することができる成分や濃度が制限されていますから、比較的効果の高いものでも効き目が現れるまでに半年近くかかります。

毎月1本のペースで消費すれば、半年で6本の美白アイテムを使い切ることになります。1本5,000円だとしても3万円。5,000円以上する美白クリームも結構ありますよね。

しかも、毎日塗り続けてようやく現状を維持することができるぐらいの美白効果なので、使うのをストップすればすぐに元の状態に戻ってしまいます。

それだけ長い月日高いお金を費やしても、半年後のビキニラインの色素沈着がパーフェクトに薄くなるとは限りません。最悪の場合、ほとんど変化がないことも。

ビキニライン画像
本気で色素沈着をどうにかしたいなら、黒ずみvラインを治療しましょう。ビキニラインの黒ずみは皮膚科のレーザーや薬で治療可能です。

お友達に相談しても慰めの言葉しか返って来ませんが、皮膚科の先生なら黒ずみを除去する為の的確なアドバイスをくれます。

関連記事VIOの黒ずみの原因と解消法に関する記事はこちら

関連記事VゾーンやVラインの黒ずみの原因と対策に関する記事はこちら

デリケートゾーン専用のレーザー

vラインの脱毛をして、初めてご自身の色素沈着トラブルに気づくケースも少なくないようです。せっかく脱毛したのに、肝心な肌が黒ずんでいたら見た目の美しさは半減してしまいますよね。

けれどご安心下さい。日本の皮膚科で扱うレーザーは年々進化し、これまで外科的手術でしか改善することができなかったケースも、レーザーで対応することができるようになっています。レーザー治療のメカニズムは以下の図を参照してください。

 
デリケートゾーンは顔よりも皮膚が薄いので、もっと高度な専用レーザーを照射しなければなりません。もしレーザーで黒ずみを治療したいと予定しているなら、専用レーザーを導入しているクリニックに予約を入れましょう。

使うレーザーの種類によって、費用にはかなり差が生じてしまいます。比較的安いクリニックだと1回1万円前後で照射可能ですが、インティマレーザーのような最新レーザーだとたった1回でも10万円以上かかります。

ただ、最新レーザーは1回の威力が強い為、少ない回数で絶大な効果を得られると評判です。結果的に少ない回数で済み、費用が安くなる可能性もあるので1回の費用だけで一概に高い、安いと比較することはできません。

カウンセリングで色素沈着の状態を診て貰い、大体何回ぐらい照射する必要があるのか判断して貰いましょう。自分では物凄く黒い、と思っていても、「インティマ1回でかなりきれいになりますよ」なんてあっさり言われる可能性もあります。

クリニックを探す時はどうしても安さ重視で選んでしまいがちですが、やはり最新レーザーは威力も強い上皮膚への負担も極力抑えられています。最安値を追い求め、結局高くつくことのないようご注意下さい。

ハイドロキノンはもう古い?!

黒ずみvラインの治療方法はどんどん進化しています。例えば、シミや色素沈着治療でお馴染みのハイドロキノンも、既に最新治療とは言えません。ハイドロキノンはもう古い、なんて断言する美容皮膚科も。

確かにハイドロキノンは美白力に優れていますが、極度の乾燥を引き起こす副作用でも知られているようにリスクの高い成分でもあります。肌の弱い方には向きません。

個人輸入のハイドロキノンを使い、自力で何とかしようと考えている方はくれぐれも無理は禁物です。濃度の薄いものからスタートし、皮膚の厚い部分で必ずテストしてからデリケートゾーンに試して下さい。

関連記事ハイドロキノン効果を知り正しく使用しよう

その点、今一番新しい美白成分、ルミキシルなら安全に色素沈着を薄くすることが可能です。ハイドロキノンの17倍もの美白作用を持つ上、ほとんど刺激がありませんから、現在ルミキシルを採用する皮膚科が続出しています。

塗り薬が効かない場合は注射治療を提案されることもあるようですが、一般的にはクリームやピーリング石鹸、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬が処方されます。いずれにしても、黒ずみを目立たなくする為の最善策を考えてくれますから、皮膚科に投資する費用は決して高いとは感じない筈です。

特に、トラネキサム酸はメラニン生成の前段階でメラノサイトの活性化を阻止してくれるため、美白効果が高いといえます。

関連記事トラネキサム酸の効果

この効能の高さを認められ、医療の現場でも用いられていますが、それに伴い美白化粧品も数多く販売されています。

なかでも、「ホスピピュア」というバストトップケアに特化した美白クリームは、トラネキサム酸のほか、シミの原因であるメラニンにアプローチする10種類の成分に加え、肌サイクルを整えてくれる「セイヨウナシ果汁エキス」や、保湿効果が期待できる「シアバター」「スクワラン」など美白を徹底的に追求した成分が多様に含まれます。

さらに、体のどの部位に限らず、様々な部位に使用できるので、オススメの商品だといえます。

関連記事様々な部位に使用できる!美白系スキンケア「ホスピピュア」

ホスピピュア画像
公式サイトには、お客様の声など、実際利用した方の声も載っておりますので、よろしければ覗いてみてくださいね。

公式サイト詳しくはホスピピュア公式サイトでご確認ください

ぜひ、自分に合う商品をみつけてください。

デリケートゾーン黒ずみ比較

まとめ

  • ビキニラインの黒ずみは皮膚科で治療可能
  • レーザー治療を受けるなら、vライン専用マシンを導入しているクリニックを選ぶことが重要
  • 塗り薬はハイドロキノンよりも美白力、安全性が高いルミキシルが人気