VIOゾーンの黒ずみはムダ毛の自己処理が原因?!脱毛はプロに任せるべき?

vio 黒ずみ

ムダ毛の自己処理歴が長いほど、黒ずみも濃くなると言っても過言ではありません。あなたは何歳から毛抜きやカミソリを使っていますか?

vioラインの黒ずみは、ムダ毛の自己処理が原因かも知れません。肌に負担をかけずに脱毛してくれるエステやクリニックを頼りましょう。美白しながら脱毛してくれるところも人気を集めています。

きつく締めつけて肌に摩擦を起こす下着の影響も軽く見ることはできません。脱毛後も黒ずんでごわごわのデリケートゾーンに戻らないよう、普段のケアにも励みましょう。

自己処理歴が長いほど黒ずみも濃くなる??

本当はビキニを着たいのにvioラインの黒ずみが気になって、いつもワンピースやパンツタイプの水着を選んでいませんか?

確か黒ずみを隠すことはできますが、女子力が高い水着とは言えません。腰全体に巻きつけるパレオも股の色素沈着を隠すのに最高のアイテムですが、男子受けは今ひとつ…。こういった水着はどれも体型隠しにぴったりのデザインです。

パレオ画像
もしボディラインに自信があるのにビキニラインの黒ずみのせいで水着選びを制限されているとしたら、かなりもったいない話です。セクシーな水着を着て楽しめる年齢は限られていますから、一刻も早く黒ずみ問題を解決しましょう。

まだ色素沈着トラブルとは無縁の女性も、油断することはできません。水着を着る時に必ず行うムダ毛の自己処理こそ、色素沈着の原因の1つです。

股の色素沈着をどうにかしたい、と焦っているならエステやクリニックで黒ずみのvio脱毛を受けるのが一番です。早い段階でプロの脱毛施術を受けることで、メラニンの蓄積を予防することができます。

一旦黒ずんでしまうと元の状態に戻すのは難しく、時間もかかります。

関連記事Vラインの黒ずみ治療で重要なクリニック選びの3つのポイント!
関連記事黒ずみ改善に効果的な3つのエステの種類とは?

黒ずみが脱毛効果を半減?!

フラッシュ脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、プロの施術を受けるなら、早いに越したことはありません。先延ばしにすればするだけデメリットが増えます。早ければ早いほどつるつる状態でいられる期間も長くなりますし、自分で処理する期間を短くすることができます。

実は黒ずみがvio脱毛の施術効果を妨げ、思うように脱毛効果が得られないこともあるのでご注意下さい。色素沈着が激しい場合、同じ出力で照射しても威力が半分以上削がれてしまう恐れもあります。

当然その分多く通わなければなりませんし、費用も高くつくので間違いなく損ですよね。特にクリニックの医療レーザー脱毛は黒い色に敏感に反応する為、毛根と同じぐらい黒ずみが濃い場合契約を断られてしまう確率が高いでしょう。

関連記事脇に色素沈着があると脱毛できないって本当?脱毛可能な施術は?

レーザー脱毛時の肌の様子は以下をご覧ください。

レーザー脱毛画像

引用元:f-laser.com

 
黒ずみが濃い肌にレーザーを当てると、耐えられないほど強烈な痛みを伴う上、火傷状態になる恐れがあります。既に10年以上ムダ毛の自己処理を続けている方は、確実に色素沈着の火種を抱えています。脱毛施術を検討しているなら、トラブルが表面に出てこないうちに決断しましょう。

黒ずみを美白するvio脱毛

vio脱毛施術の時に黒ずみもケアしてくれるエステやクリニックも増えています。例えば、美容皮膚科と美容外科を兼ね備えているアリシアクリニックも狙い目です。

公式サイトアリシアクリニック

看護師さんに施術して貰えるので、多少色素沈着を起こしているようなトラブル肌でも対応して貰えるようです。ただ、もし今の段階では施術が難しいほど黒ずみが激しい場合、一旦色素沈着トラブルの改善が先決です。

湘南美容外科でも、色素沈着改善用の軟膏も処方してくれます。5g 7,000円近くする軟膏ですが、市販の美白クリームよりも確実に効くと評判です。

公式サイト湘南美容外科

また、湘南美容外科クリニックは、「ホスピピュア」という黒ずみを美白する商品を開発し販売しています。

メラニン生成を抑制するトラネキサム酸を配合した美白クリームですが、特に黒ずみ乳首に特化した商品です。しかし、顔やワキ、ひじ、膝、くるぶしなどにも使用でき、トラネキサム酸以外にも美白に有効的な成分が多く含まれているので、オススメです。

関連記事トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう

ホスピピュアは市販の美白クリームではありますが、湘南美容外科クリニックが開発しているだけあってその安心感も大きいです。黒ずみ解消をお考えの方はこうした商品があるということも頭に入れ、参考にしてみてください。

ホスピピュア画像
クリニックなどで診察してもらう場合には、いずれにしても、施術可能かどうかは施設側も実際に肌の状態を見なければ判断できません。一人で悩んで不毛な時間を過ごすより、カウンセリングを受ける為の予約を入れましょう。

関連記事湘南美容外科開発で話題のホスピピュアの記事はこちら

公式サイトメラニンにアプローチ!色素沈着・黒ずみの改善なら「ホスピピュア」にお任せ!

自己処理以外の黒ずみ原因

ムダ毛の自己処理は黒ずみの大きな要因ですが、色素沈着を起こす原因は他にもたくさんあります。いくらエステやクリニックの脱毛を契約しても、他の黒ずみ原因に対して無頓着でいてはせっかくの施術効果を台無しにしてしまいかねません。

まず、普段身につける下着は肌触りの良い天然素材のものを選びましょう。保湿効果に優れた絹もおすすめですが、専用の洗剤を使って丁寧に洗わなければならなりません。扱いやすい綿の方が無難かも知れません。少し余裕のあるサイズを選ぶのがポイントです。

締めつけがきつい下着はビキニラインに刺激が強すぎます。メラニン色素は下着の摩擦にも敏感に反応します。黒ずんでシミが増える上、角質層が厚くなりゴワゴワの肌に。更にジーンズなどタイトな衣類を好んで着ている場合、ダブルの刺激がビキニラインに加わります。

また、ビキニラインは蒸れやすいので、汗やナプキンでかぶれてしまい、炎症が沈静化した後も黒ずみが残ってしまうケースも目立ちます。ナプキンをこまめに替え、不衛生にならないよう対策が必要です。脱毛後もvioゾーン、vioラインをきちんとお手入れしていれば、いつでも堂々とビキニを着ることができます。

関連記事VIOの黒ずみの原因と3つの解消法とは?

デリケートゾーン黒ずみ比較

まとめ

  • vioラインが黒ずむ主な原因はムダ毛の自己処理
  • 色素沈着が激しいと脱毛エステやクリニックで断られることも
  • 黒ずみを予防するには脱毛後もデリケートゾーンのお手入れが大事