脇の黒ずみ対策!豆乳 ローションは市販品より手作りがいい理由

脇 黒ずみ 豆乳ローション

黒ずみは豆乳ローションで消すことができるのでしょうか。黒ずみに豆乳ローションが効くと言う噂は、半分真実で半分は事実ではありません。

「結局効くの?効かないの?」と戸惑っている方に黒ずみに豆乳ローションが効くメカニズムを分かりやすくお伝えします。

手作り豆乳ローションで脇の黒ずみをケアする時の注意事項についてもお話します。「手作り=安全」と思い込んでいる方、必読です。

ただ飲むだけでOK!!豆乳の驚異的な美白効果

実は、豆乳はただ飲むだけでも肌を白くしてくれます。脇の黒ずみなど、狙ったパーツを部分的に白くすることはできませんが、定期的に飲むことでターンオーバーを促し、肌全体のメラニン色素を排出しやすくなります。

豆乳に含まれるビタミンEの抗酸化作用によって、徐々に黒ずみにくい肌質になります。大豆イソフラボンのコラーゲン生成力も凄いので、最強の美白ドリンクと言えるかもしれません。

豆乳の美白力を最大限引き出すためには、夜寝る前に飲むのがベストタイミングです。夜中、肌のターンオーバーが行われる時間帯に間に合えば、新陳代謝力が底上げされて黒ずみを撲滅させやすくなります。

関連記事豆乳以外のおすすめ美白ケア商品の記事はこちらから

自己処理は全部黒ずみの原因に

黒ずみは豆乳ローションで薄くすることができますが、美白成分のように直接作用するわけではありません。

脇が黒ずんでしまう最大の原因は、ムダ毛の乱暴な自己処理の影響です。「シェーバーで丁寧に剃っているので大丈夫」と安心することはできません。シェーバーでも毛抜きでも、自分で処理する限り予想以上に強い負担を脇の皮膚部分にかけてしまっています。

脇電気シェーバー画像
除毛クリームにいたっては、絶句するほどのダメージを与えています。何しろ、毛を溶かす成分を塗ることでムダ毛を除去するわけですが、毛も皮膚も同じタンパク質です。使う度に皮膚の表面も確実に溶けていると覚悟しなければなりません。

保湿成分などでごまかされていますが、お手入れ直後のヒリヒリ感こそ、除毛クリームのアルカリ性成分で肌の表皮細胞が溶かされている証拠です。

ではシェーバーなら安全かと言えば、シェーバーもまた野蛮過ぎる自己処理方法です。こちらは皮膚表面を刃物で削り取ってしまうわけですから。

溶かされても削り取られても、肌荒れを防ぐことはできません。

毛抜きもまた、ハードな刺激で色素沈着の原因になる自己処理方法です。

ムダ毛の自己処理はどの方法でも黒ずみの原因になるということです。

関連記事脇の黒ずみの原因はムダ毛処理にあった?!〇〇にも要注意!

黒ずみが豆乳ローションで薄くなるメカニズム

つまり、脇の黒ずみを薄くし、これ以上色素沈着を進行させないためには、腋毛の自己処理をやめるのが一番です。ところが、唯一自己処理方法の中でも脇の黒ずみの原因にならないやり方があります。

それが豆乳ローションを使った腋毛のお手入れ方法です。黒ずみの原因にならないどころか、美容成分の効果で美白効果まで期待することができます。

腋毛のお手入れに使っているシェーバーや毛抜きの代わりに豆乳ローションでケアすれば、黒ずむ原因がなくなるわけですから、今より色素沈着が濃くなる心配はありません。

これが豆乳ローションで脇の黒ずみが薄くなると言われるメカニズムです。間接的ではありますが、確かに効き目はあります。

ただし、強力な美白成分のようにダイレクトにメラニン色素に働きかけるわけではありませんから、「豆乳ローションで黒ずみが消せる!」とまでは断言することはできません。

以上、「豆乳ローションって結局効くの?効かないの?」と情報が錯綜する理由をお伝えしました。

関連記事黒ずみにおすすめの美白クリーム3選&選ぶ時のポイント

市販品VS手作り豆乳ローション

抑毛効果を狙って豆乳ローションでお手入れすれば、黒ずみ原因ナンバー1のムダ毛処理の回数を減らし、余計なメラトニンを発生させにくくなります。

豆乳ローションは無調整豆乳とレモン、消毒用エタノールさえあれば手軽に手作りすることができます。

手作り豆乳ローション
手作りだと豆乳をそのまま使うので抑毛成分の濃度が濃く、効き目を感じやすいこともメリットの1つです。肌に負担をかける保存料を添加しないので、安心して使うことができます。

その代わり、冷蔵庫で保管しても1週間以内には使い切らなくてはなりません

「手作り=安全、最高」と思われていますよね。けれど腐敗した豆乳ローションを使うと抑毛効果どころか、肌がかぶれることもあります。鮮度をキープするのに細心の注意を払わなくてはなりません。

市販の豆乳ローションはコスト対策、保存対策のため水分が多く添加物も配合されているので、手作り豆乳ローションよりも抑毛効果が落ちる傾向があります。ただ、室内でも長期間保存できるので扱いやすさが魅力です。

脇黒ずみ比較

まとめ

  • 豆乳ローションの抑毛作用によってムダ毛の自己処理回数が減れば、脇の黒ずみも薄くできる
  • 濃度が濃く抑毛効果が高い手作り豆乳ローションは、冷蔵庫で保管し1週間以内に使い切るのが鉄則
  • ビタミンE、大豆イソフラボンが豊富な豆乳は、最強の美白ドリンク