産後のおへその黒ずみはどう解消する?ケア方法と注意点

産後 おへそ 黒ずみ

産後のおへその黒ずみに悩まされている経産婦さんも少なくありません。

通常ならば、妊娠を期にホルモンバランスの変化で、おへそ周辺は一時的に黒ずみ、出産すれば元の肌に戻るものなのですが…。

出産を経ても黒ずみが気になる人は黒ずみケアをスタートさせましょう。

産後に黒ずみが気になるのはおへそだけじゃない

妊娠中は女性ホルモンの変化により、色素沈着を引き起こしやすい体質へと変化します。気になりだすのは、おへそ周辺だけではありません。他にも乳輪が黒ずんだり、顔のシミが濃くなりやすくなるでしょう。

また、毛深くなる現象も伴うのです。これは、大切なお腹の赤ちゃんを外部から守ろうとする防御機能が働くものです。また、一説では、乳首が黒くなるのは、生まれた赤ちゃんが母乳を探しやすくするための現象とも言われています。

おへその黒ずみは、妊娠中に大きくなった皮が、産後に縮小してしまう事にあります。こうした妊娠によるおへその黒ずみは、ターンオーバーが正常ならば、産後半年から一年を目処に、緩和され出産前の状態に戻るでしょう。

また、妊娠中に濃くなった顔のシミも産後はおへその黒ずみと同じ期間を経て薄くなるでしょう。特にスペシャルケアを施さなくとも、産後数か月でシミは薄くなったと言う女性がほとんどです。

関連記事妊娠中に脇の黒ずみが気になっても使用してはいけない美白成分とは

ですが、半年から一年を経過しても一向に、肌の色が元に戻らないケースもあるでしょう。こうした時は、メラニンを排出する力が弱まっているのかもしれません。ターンオーバーを整えるお手入れが必要です。

また、おへそ周りの黒ずみが産後もしばらく改善されないのは、おへその汚れが原因かもしれません。

おへその下の黒ずみが妊娠によるホルモン変化が原因なのか、一方で、単なる垢などの汚れなのかを見極めてケアをしていきましょう。

妊娠による一時的な黒ずみならば、ある程度の時期まで待つ事で内分泌系のサイクルが元に戻り、黒ずみは元の白い肌に戻ります。その経過を見ながら、慌てずにケアをスタートさせてください。

関連記事産後の黒ずみの原因と対策方法を部位別にご紹介!

おへその黒ずみケア

おへその黒ずみは、女性にとって決して美しいものではありません。早めに元の肌に戻したいという心理を抱くのも当然でしょう。だからと言って、おへそは、妊娠期に関係なくデリケートな部位といえます。こうした部位のお手入れは、摩擦をかけるお手入れはタブーです。

おへその垢が溜まっているからと言って、無理やりほじくったりするのは、メラノサイトを刺激して余計に黒ずみを引き起こしてしまうのです。また、妊娠期や産後のおへその黒ずみケアは、赤ちゃんや、母乳に影響のないケアを心がける必要があるでしょう。

以下にあげるのは、妊娠期や産後に使用しても安心なケア方法です。家庭で身近にできるものから、敏感な肌でも使用できる黒ずみ対策ができる石鹸までをご紹介いたします。

また、肌の黒ずみを明るくするビタミンC誘導体配合のスキンケアや、保湿が充実しているローションやクリームでのお手入れも考慮しましょう。

基本はベビーオイルと綿棒

おへその中の黒ずみは、妊娠期や産後にかかわらず誰にでも発生するものです。おへその中はゴマとよばれるような黒いものや汚れ、垢などが溜まりやすい部位でもあります。それを放っておけば、ニオイなどが発生したり、黒ずみがひどくなったりするでしょう。

ですから、ある程度のケアは必要になります。おへそ汚れのケアの基本は、綿棒にベビーオイルを含ませて軽い力で汚れを絡め取るというやり方です。

ですが、なかなか硬く乾いたおへそ汚れは、軽い力では除去できないものです。そんな時は、風呂上がりの汚れがふやけた状態で除去してあげるのがオススメです。

関連記事ストレッチマークにも最適?バイオイルで色素沈着改善

頑固な汚れにはオリーブオイル

綿棒にベビーオイルをつけて絡め取るやり方がおへその汚れを除去する最適な方法ですが、それでも除去できないケースでは、おへその中にオリーブオイルを入れて10分ほどラップをしてから綿棒で除去するのが良いでしょう。

ここまでしても、稀におへその黒ずみが除去できない時は、皮膚科などで処置できるため、最終手段として念頭に入れておきましょう。

関連記事オリーブオイルを使った肌の黒ずみケアのやり方と5つのポイント!

刺激しすぎは逆効果

おへその黒ずみが、垢などの汚れでない場合は、産後のメラニン沈着によるものと考えましょう。メラニンは、刺激を与えれば与えるほど増加するため、余計に黒ずみをひどくしてしまうのです。ですから、刺激をしてしまうようなケアは絶対に避けるべきなのです。

メラニンが原因の黒ずみには、保湿をしながら、ターンオーバーをしっかり正常化させる必要があります。正常な睡眠や、正しい保湿などがターンオーバーを整えて、メラニンの排出を促すのです。

おへその黒ずみ対策

おへその黒ずみ対策としてオススメしたいのが、植物の力でデリケートな部位の黒ずみを緩和する効果のある“ジャウム石鹸”です。自然派の成分でまとめられた黒ずみ対策にぴったりの石鹸です。

泡だてネットなどできめ細かい泡を作ったら、黒ずみの気になるおへそ周辺に約3分パックして洗い流す過程になります。

関連記事黒ずみ対策にジャムウ石鹸が大人気な4つの理由とは?

また、湘南美容外科クリニック共同開発の美白とされる“ホスピピュア”は、多種類の天然由来成分を使用した美白ケアのためのクリームです。おへそなどのデリケート部位にも優しく効果を示してくれる商品なので、毎日継続する事で黒ずみが解消されるでしょう。

関連記事皮膚に負担なく美白できるトラネキサム酸配合のホスピピュアって?

このように、メラニン沈着による黒ずみを緩和するには、デリケートゾーンにも安心して使用できるタイプのスキンケアを使うことをオススメします。

まとめ

  • 妊娠によるおへその黒ずみは、ターンオーバーが正常ならば、産後半年から一年を目処に緩和され出産前の状態に戻る。
  • おへその下の黒ずみが妊娠によるホルモン変化が原因なのか、一方で、単なる垢などの汚れなのかを見極めてケアを。
  • 妊娠期や産後のおへその黒ずみケアは、赤ちゃんや、母乳に影響のないケアを心がける。
  • メラニン沈着による黒ずみを緩和するには、デリケートゾーンにも安心して使用できるタイプのスキンケアを使うことがおすすめ。