黒ずみは皮膚科で治療できる?病院へ行く前に確認したいポイントとは

黒ずみ 皮膚科

黒ずみが酷くなれば、当然自宅でのスキンケアでは追いつかなくなるでしょう。そのような時は迷わず皮膚科を受診して適切な治療を受けたいですね。ですが、黒ずみは肌悩みの一つであって、当然自由診療になります。

皮膚科の中でも美容を専門とする美容皮膚科などの門を叩く事になるでしょう。黒ずみ最新治療法や失敗しない皮膚科選びのポイントをまとめています。

皮膚科の黒ずみ治療

皮膚科の黒ずみ治療にはいくつかの種類があります。リスクを伴うものや、術後の過ごし方の制限などもあるため、十分な知識を得た上で実施したいものです。

また、顔という隠せない部位の施術は慎重に行われなければ日常生活にも支障をきたす事になるため注意が必要です。

ピーリング

新陳代謝が悪くなった角質層を除去する治療法で、代謝が鈍くなった事で生じてしまう毛穴に蓄積した角栓やメラニン沈着までも改善してくれるでしょう。

薬剤にはグリコール酸や乳酸、サリチル酸などが使用されます。医療機関で行う場合、酸のPH濃度は慎重に調整されます。これらの薬剤を患部につけて数分置き、その後はビタミンC誘導体などでケアする事になるでしょう。

また、黒ずみの他にもニキビ跡、シミ肌のゴワつきなどの対策にもなります。

費用については、医療機関により違いがありますが、1回平均1万円〜2万円が相場でしょう。また、その黒ずみの程度によっては数回施術を受ける事になります。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体
関連記事治療費が倍?肘の黒ずみを皮膚科で治療する時のからくりお教えします

イオン導入

微弱なイオン電流を肌に流し、肌に効果的な成分を奥まで浸透させ、肌本来の蘇りを目的としています。高機能機器により30分程度の時間をかけて肌への有効成分を浸透させるのが特徴です。

また、この有効成分とは抗酸化作用のあるビタミンC誘導体や、美肌効果のあるプラセンタ、メラニンを阻止するトランサミン、毛穴の収縮作用を促すグリシルグリシンなどがあげられます。

単品成分を導入したり、幾つか組み合わせて導入したりと肌悩みに応じてセレクトします。

定期的に行えば、黒ずみだけでなく透明感を引き出したり、肝斑という更年期頃に出やすいシミに効果的です。

費用相場は一回9,000円〜12,000円程度です。

レーザー

主に行われているレーザー治療では、肌の表面に小さな穴を開けて肌回復を目的とするフラクショナルCO2レーザーや、線維芽細胞を刺激してハリをアップするカーボンピーリングなどの治療法があります。

他にもラジオ波を使ってコラーゲン再生を促すサーマクールなどがあげられます。

レーザー治療は毛穴の引き締めやたるみにも効果的で、影で黒っぽく見えるたるみ毛穴の緩和にも十分期待できるでしょう。

費用面は1回の施術で2万円程度が相場です。また、サーマクールの場合なら、もっと高額で10万円前後でしょう。

関連記事シミのレーザー除去はどんな種類のシミに効果あるの?副作用やデメリットは?

黒ずみを皮膚科で治療したその後のケア

治療後は施術によってはカサブタができたりするでしょう。
こうした副作用を見込んで、医師は相応の塗り薬を処方します。

いずれの施術を受けた時も、効果を維持するためには、

  • 紫外線カット
  • 充分な保湿
  • ストレスを溜めない

などの3つのポイントを厳守しましょう。

関連記事皮膚科でもらえる美白に効果的な薬とは?
関連記事湘南美容外科共同開発で話題の美白系スキンケア「ホスピピュア」

黒ずみをきれいにするための皮膚科選びのポイント

皮膚科選びのポイント
失敗しない皮膚科選びのポイントは、次のようなものです。

カウンセリングが充実している

施術を受ける前にはカウンセリングする医院が殆どでしょう。
この時が見極めのポイントで、患者側の立場になって話を聞いてくれているのかを見抜いて下さい。

ただの施術説明を淡々としているだけでは、思いやりのある施術は期待できないでしょう。また、肌をしっかり見ていてくれているかも確認して下さい。

敏感肌やアレルギー、アトピー性皮膚炎などの有無もしっかり伝え、その時のリスクも話してくれるのが理想のカウンセリングです。

関連記事アトピーが原因の肌の黒ずみ改善に効果的な3つの方法

施術のリスクもしっかり説明してくれる

施術には、何らかのリスクを伴う事が 殆どです。
そうしたリスク内容を包み隠さずに、面倒がらずに説明をしてくれる医師は信頼できるでしょう。

施術症例が豊富である

施術症例件数の多さは、患者が安心できる要素となります。それだけたくさんの黒ずみ悩みを見て、的確な施術を施してきた医師の経験の数となりますから。

症例件数などをホームページ上に載せているケースもあります。載せていなくてもカウンセリング時に質問すれば教えてくれるでしょう。

口コミや体験談などの情報を知る

その病院が掲載するホームページの口コミや体験談よりも、様々な病院の口コミ情報が掲載されている総合口コミサイトの情報の方が、良い事も悪い事も掲載されているため、正確でフェアな情報が得られるでしょう。

何処の病院にもメリットデメリットがあります。すべて踏まえた上で、選ぶ事になります。

例えば、施術価格は安価なのにアフターケアが十分ではないなどです。

また、実際にその病院で黒ずみ対策の施術を受けた人がいれば直接聞けますが、何しろ美容上のデリケートな治療を、なかなか人に言える人は少ないでしょう。

アフターケアが充実している

施術したからこれでおしまいと言うのでは、信頼できない病院と言って良いでしょう。施術は成功したけれども、数時間、数日経過して副反応が出てしまうようでは怖くて任せる事ができません。

皮膚科医によっては、施術に保証をつけている事もあるため、術後のカウンセリングや受診などをしっかり計画に盛り込んでいる事が望ましいのです。

関連記事黒ずみエステの種類が多すぎて迷う!効果的なエステ3種類とは?

まとめ

  • 皮膚科の黒ずみ治療には、リスクを伴うものや、術後の過ごし方が制限されるものがある
  • 信頼できる医師の元で十分なカウンセリングを受けた上で施術に臨む
  • 施術金額は決して安価なものではないため、予算の比較やリスクをしっかり得てから挑むのが理想的