脇の黒ずみはピーリングで解消!セルフケア後のひと手間が効果を左右する!

脇 黒ずみ ピーリング

夏も本番に差し掛かってきましたね。脇の黒ずみ対策として、自宅でピーリングケアに望むのも良いでしょう。脇の黒ずみは側から見ても決して美しいものではないです。せっかく脱毛してツルツルになった脇の下も、黒ずみがひどくてノースリーブや水着などのオシャレができないのはとても残念ですよね。
では、脇の黒ずみはどのようなピーリングがベストなのかも検証していきましょう。

自宅ピーリングでセルフケア

脇 黒ずみ ピーリング
ピーリングと言うとどのようなイメージをお持ちでしょうか。「ピーリング=削る」と言う意味なので「痛いのでは?」「炎症は起きないの?」など、様々な憶測が飛び交いますね。また、美容皮膚科などでもピーリングという施術メニューがあるため、「美容皮膚科のようなプロの手に委ねないと失敗しそう」と言うイメージもあるでしょう。

ですが、自宅ピーリングでセルフケアする方法はいくつかあります。きちんとした方法で望むことでセルフでも十分に脇の黒ずみが解消されますよ。

関連記事ケミカルピーリングでニキビも改善できる?毛穴黒ずみにも効果があるって本当?

ピーリングジェル

最近は様々なピーリングジェルが販売されています。ドラッグストアや通販などでは選ぶのに迷ってしまうほど揃えられていますね。ジェル処方なのでべたつきがなくサッパリしているため、夏場でもスッキリ使用継続できるでしょう。また、伸びの良さや馴染み良さも、凹凸があって塗りにくい脇の下の黒ずみには最適です。

ピーリングとしての成分は、グリコール酸や乳酸、フルーツ酸などの成分です。専門機関でのピーリング薬剤よりも弱めの濃度で低刺激と言えるでしょう。また、リラックス効果も期待できる爽やかなフルーツ系の香料がついているピーリングジェルもあります。

これらの市販ピーリング剤は手軽でコストも安価で継続しやすいです。ですが、それぞれに用法や用量に違いがあるため、必ず指示を厳守しましょう。

ピーリングジェルは使うたびにツルツルになることから、ついつい使いすぎてしまうことがあります。ピーリングジェルを使いすぎると“化粧水の浸透性が悪くなる” “肌のキメがなくなる” “メイク乗りが悪くなる”などのトラブルが生じやすくなります。

重曹でパック

脇 黒ずみ ピーリング
脇の黒ずみのセルフピーリングの中に、どこの家庭にも常備している重曹があります。この重曹に水を加え、練り状にしたものを脇の下にパックすることで、脇の黒ずみを解消させるのです。

ですが、重曹パックでのピーリングが効果的な脇の黒ずみは、「毛穴の中に蓄積した皮脂や老廃物による黒ずみ」です。その他の黒ずみ原因である「埋没毛による黒ずみ」や、「メラニンの色素沈着による黒ずみ」には、ほとんど効果を示さないでしょう。

重曹パックを使用することで、毛穴の中に蓄積した酸性の汚れを弱酸性アルカリ性の重曹で落とすというメカニズムです。脇の下の皮膚は薄くてデリケートなため、皮膚にも低刺激で安全性の高い食用の重曹を使用するのがベストです。

関連記事毛抜きでも色素沈着が起こる?毛穴のブツブツや毛嚢炎の改善方法

ピーリングの後は必ず保湿!

ピーリングの後は必ず保湿をすることが大切でしょう。なぜなら、ピーリング後は肌のバリア機能が低下しやすくなるため、乱れた角質層のキメから紫外線や化学物質など外的物質などの刺激を入れやすくなります。そのバリア機能を維持させるためには、外面だけを潤すケアではなく、肌の内側に水分を保持するような潤いケアが大切です。

そのために、細胞間脂質とよばれるセラミド成分や、保水機能を高めるヒアルロン酸やコラーゲン成分などが配合されたスキンケアを使いましょう。また、過剰なセルフピーリングなどで栄養まで失ってしまった肌には、アンチエイジングも期待できるビタミンC誘導体やプラセンタ成分も効果的です。

アフターケアの手順としては、化粧水で引き締めたら、クリームや美白効果の期待できる乳液やクリームでフタをするように顔全体につけていきます。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

セルフケアピーリングのメリットとデメリット

脇 黒ずみ ピーリング
ピーリングジェルや重曹パックなど、自宅でできるセルフケアでのピーリングのメリットとデメリットは次のようなものです。簡単で手軽にできると言うイメージが強いですが、自己責任という面から、あらゆる肌リスクも認識しておくべきでしょう。

関連記事脇の黒ずみを市販薬で解決するなら選び方に気をつけて!

セルフケアピーリングのメリット

  • 低価格の市販品などでケアできる
  • サロンなどに行く時間を設けなくても良い
  • 人に見せたくない部位のピーリングが内緒でできる
  • 低刺激なので、敏感肌の人は安心

セルフケアピーリングのデメリット

  • 自己判断なのでピーリング剤が合わないと肌トラブルを起こしてしまう
  • ピーリングの力加減では肌を傷めたり、黒ずみをエスカレートさせたりしてしまう
  • 弱めのピーリング剤を使用するため即効性がない
  • ピーリング施術後は、日焼けをしてはいけないなどの決まりもある

皮膚科でピーリング

脇 黒ずみ ピーリング
皮膚科でのピーリングを行う時は、グルコール酸、乳酸、サリチル酸などの多種の酸から薬剤を選んで施術することになります。セルフケアと比較しながら、メリット、デメリット、価格を含めて検証します。

皮膚科でピーリングを行うメリット

  • 個人の肌質に合わせたカウンセリングと安全なピーリング剤選びができる
  • セルフケアよりも即効性がある
  • アフターケアも整っている
  • 保証制度を設けているケースもある

皮膚科でピーリングを行うデメリット

  • コストがかかる
  • 医療機関に何度か通うことになる
  • 症例の少ない医療機関では失敗することもある

価格例

  • 銀座の椿クリニック脇の黒ずみピーリング価格詳細例
    1回:5,500円
    5回:23,000円
    10回:38,500円

公式サイト銀座TSUBAKIクリニック

  • 湘南美容クリニック
    ※小範囲
    1回:19,800円
    5回:84,200円
    10回:166,200円

公式サイト湘南美容クリニック

脇黒ずみ比較

まとめ

  • 市販ピーリング剤は手軽でコストも安価で継続しやすいが、それぞれに用法や用量に違いがあるため、必ず指示を厳守。
  • 重曹パックでのピーリングが効果的な脇の黒ずみは「毛穴の中に蓄積した皮脂や老廃物による黒ずみ」。その他の黒ずみ原因である「埋没毛による黒ずみ」や「メラニンの色素沈着による黒ずみ」には、ほとんど効果を示さない。
  • 皮膚科でのピーリングを行う時は、グルコール酸、乳酸、サリチル酸などの多種の酸から薬剤を選んで施術することになる。