VゾーンやVラインの黒ずみの2種類の原因と対策

Vゾーン Vライン 黒ずみ

vラインの黒ずみ問題とムダ毛問題を同時に解決することができるなら、思い切ってプロの脱毛を試してみたくなりませんか?

ビキニラインからはみ出る毛を自分で処理していると、醜い黒ずみはどんどん濃くなっていきます。エステのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛は一昔前とは比べものにならないほど安くなっています。

自己処理の方が安いと言う考えは正しくありません。何しろ、1,000円で回数無制限のvライン脱毛メニューもあるぐらいですから。

何とかできる原因、できない原因

30代に突入すると、ビキニラインが黒ずんでいない女性の方が少ないぐらいです。黒ずみを解消すればスポーツジムでも堂々と着替えることができますし、温泉やプールでも人目を気にしなくて済みます。異性より同性の視線の方が気になる、なんて意見も少なくありません。

黒ずみの原因は多岐に渡りますが、実は何とかできる原因とできない原因の2種類に大別可能です。

何とかできない原因は、ホルモンバランスの影響によるもの。普段から生理が遅れがちな方はvラインも黒ずみやすい傾向がある、と皮膚科の医師も指摘しています。

また、妊娠、出産もホルモンの分泌の仕方が激しく変わりますから、それまでビキニラインの美しさに自信があった方も突然黒ずみに悩まされることに。治療可能なものもありますが、諦めるしかないものも…。

関連記事妊娠中気になる脇の黒ずみ対策!○○は使ってはいけない

ビキニラインの黒ずみに悩んで皮膚科を受診する30代の患者さんが多いのは、ホルモンの大きな変化が関係しています。30代は女性ホルモンが大きく変動しやすい年代です。

 
ホルモンバランスの乱れは、黒ずみのほか、ほてり、のぼせ、めまい、不眠、冷え性、疲労など、様々な体の不調となって現れてしまいますので、黒ずみ対策としてだけではなく体のためにホルモンバランスを整える努力をしてみることをオススメします。

黒ずみ改善には直接は結びつきませんが、イソフラボンは女性ホルモンに似たはたらきを持つ成分であるため、ホルモンバランスを整えるには有効的です。大豆製品などに多く含まれるので、時間のないときには豆乳や牛乳などで摂るようにするのも良いと思います。

女性にとって、ホルモンバランスを整えることは日々の生活を豊かにする為にも必要なことです。こうした成分を、食品やサプリなどで積極的に摂り入れてみましょう。

関連記事肌の色素沈着を改善するにはやっぱりサプリメントが効果あり?

一方、何とかできる原因は、外部からの刺激による黒ずみですが、これは予防と対策次第で何とかなります。

きつい下着の締めつけが原因でビキニラインが黒ずんでいる方は、天然素材の下着を選びましょう。ナイロンなど化学繊維の下着は皮膚に強い負担をかけます。更に余裕のあるサイズにサイズダウンすれば、それ以上色素沈着が濃くなるのを防ぐことができます。

ご自身の残念な黒ずみvラインの原因と種類を、分析してみて下さい。

関連記事VIOの黒ずみの原因と3つの解消法とは?

黒ずみを薄くするには脱毛方法を変えるしかない

ビキニラインは複数の原因が重なり合ってどんどん黒ずみが濃くなりやすい部位ですが、手っ取り早く色素沈着トラブルを改善する為には脱毛方法を変えるのが一番かも知れません。

脱毛方法を変えると言っても、「カミソリから毛抜き派へ」もしくは「除毛クリームからシェーバーへ」と言うことではありません。自己処理方法はどれも皮膚への負担が強く、肌を刺激してメラニン色素を反応させ、色素を濃くしてしまいます。

やはり本気で黒ずみトラブルをどうにかしたいと考えているなら、エステのフラッシュ脱毛かクリニックのレーザー脱毛を検討するしかありません。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で使われる光線の仕組みは、美白治療で使用されるフォトフェイシャルと同じ原理です。

つまり、脱毛しながら美白することができるので、ビキニラインの黒ずみを抱えている方にはぴったりの施術方法です。

ご存知のように毛抜きにしても電気シェーバーにしても、ただ毛を除去するだけで美白作用は皆無です。美白どころか、自己処理を続けている限り、埋没毛や炎症、そして黒ずみなどトラブルと常に背中合わせでいなければなりません。

埋没毛をこじらせ、手術を受ける羽目に陥ったケースもあります。続ければ続けるほど黒ずみが濃くなる自己処理より、繰り返す度に色素沈着が薄くなるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の方が、断然魅力的です。

関連記事VIOゾーンの黒ずみと脱毛の関係とは?

プロの脱毛は本当に高い?!

ビキニラインの自己処理を止められない理由がお金の問題なら、今すぐ考えを改めるべきかも知れません。何しろ、たった1,000円でvラインの脱毛を回数無制限で受けることができる時代です。

1,000円で受けられるミュゼのvライン回数無制限コースは、同業者にも相当衝撃を与えたようです。セレブ御用達の高級クリニックでも、10万円程度で永久脱毛施術を受けることができます。もっと庶民的なクリニックなら、5万円以下でも十分に施術可能です。

現在20歳ならこの先40年は確実に自己処理を続けますよね。自己処理に費やす手間暇を考えると、早い段階でプロの施術に切り替えた方が得策ではありませんか??

これまで自己処理に費やしてきた時間を考えると虚しく感じる筈です。それがこれからもずっと続くとしたら…。

プロの脱毛ならムダ毛処理と黒ずみケアを一度にできることを考えても、決して高い買い物ではない筈です。本当にこの先もずっと不毛な自己処理を続けるのか、一度冷静に自問自答してみて下さい。

手間暇がかかる上に仕上がりもいまいち…、剃った効果もほとんど持続しない上、確実に色素沈着の原因になってしまう自己処理になぜこだわり続けるのでしょうか。

関連記事黒ずみ改善に効果的な3つのエステの種類とは?
関連記事Vラインの黒ずみ治療で重要なクリニック選びの3つのポイント!

自宅で行える簡単美白ケア

クリニックやエステを利用することに加えて、自宅で簡単に行える美白対策もあります。

VゾーンやVラインはデリケートな部分なので、専用の保湿クリームや化粧水を使用したり、美白クリームを使用すると、より美白効果を高めることができます。

現在では、デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性が増えたことで、多彩な商品が販売されています。

デリケートな部分ですし、返金保証などがついている美白化粧品を選び、合わなかったら返品するなどして、自分に本当に合う商品を見つけてみてください。

関連記事もちろん返金保証あり!美白系スキンケア「ホスピピュア」

公式サイトメラニンにアプローチ!色素沈着・黒ずみの改善なら「ホスピピュア」にお任せ!

美白クリームは、自宅でいつまででも使えますし、クリニックやエステの回数が終わった後にも継続していける習慣です。こうした商品を活用し、黒ずみに悩むことのない理想の体を目指しましょう。

デリケートゾーン黒ずみ比較

まとめ

  • ビキニラインが黒ずむ原因はホルモンの影響、外部からの刺激によるものの2種類
  • プロの脱毛ならムダ毛処理と黒ずみケアが一度に可能
  • 今はフラッシュ脱毛もレーザー脱毛も高くない