VIOの黒ずみの原因と3つの解消法とは?市販クリームには限界がある?

VIO 黒ずみ

vioラインの黒ずみを薄くしようとして、これまでにいくつ市販の美白クリームを購入しましたか?
1本使い切らないうちに、次々に新商品を試している方も多いようです。

もしセルフケアで一向に成果が出ないなら、皮膚科の黒ずみ治療を検討しましょう。処方クリームは市販品より威力が強く、購入する価値があります。

他にも美白レーザーなど色素沈着を確実に薄くすることができる手段は色々あるので、まずは専門医に状態を診てもらうことが先決です。

有酸素運動でvioラインが黒ずむ?!

vioラインの黒ずみと有酸素運動の意外な関係を知っている方はあまりいらっしゃらないかも知れません。

最近、下半身を動かすサイクリングやジョギングなどのエクササイズが原因でvioラインが色素沈着を起こしているケースが増えています。美容の為に頑張っている有酸素運動が黒ずみの原因になるなんて、驚きですよね。

ジョギング画像
下半身を積極的に動かすことは血の巡りも良くするので筋肉強化、脂肪燃焼にはもちろん、美肌キープにも最高です。けれどエクササイズ中、身体にフィットした下着、ウェアを着てしまうと、強い締めつけで皮膚が摩擦を起こし、黒ずみトラブルに発展してしまいます。

水泳も、競泳用のぴちっとしたタイプを普段から着ているとビキニラインに黒ずみができる恐れがあります。ウェアや水着が触れる部分にワセリンを塗っておくと、摩擦を軽減し色素沈着の原因を遠ざけることが可能です。一度勇気を出してvioラインをじっくり観察してみましょう。

普段頻繁に目にする場所ではありませんから、久しぶりに見て黒ずみの濃さにびっくりするかも知れません。残念な黒ずみvioは原因によって解消方法が違いますが、しょっちゅうカミソリで自己処理している方、サイズの小さい下着を好んで履いている方は要注意です。

ジーンズやタイトスカートがワードロープに多い方も危険信号がピカピカしています。

関連記事デリケートゾーン(陰部)の色素沈着を改善する方法ってある?
関連記事デリケートゾーンの黒ずみどうしてる?美白はできるの?

市販クリームの限界とは?!

なぜvioラインが黒ずんでしまうのか、原因が分かり次第、すぐに改善策に取り組みましょう。ただし、既にできてしまっている黒ずみに対しては、セルフケアでは限界があります。

vioラインの黒ずみ用の美白クリームやジェルもたくさん発売されていますが、市販品の多くは予防効果がメインです。こまめに塗ることで新たな黒ずみは予防することはできるかも知れませんが、一旦できてしまった黒ずみを「なかったこと」にするほどの威力はありません。

これが市販品の限界です。

関連記事美白効果の高いハイドロキノンに関する記事はこちら

「気のせい」では済まないほど明らかにビキニラインが黒ずんでしまっているようなら、皮膚科の黒ずみ治療を検討した方が良いかも知れません。皮膚科ならクリームの種類も多く、美白レーザーなど、専用の治療方法もたくさん用意されています。

 
専用レーザーを弱い出力で黒ずみに照射すると、蓄積されたメラニン色素が徐々に破壊され、色味を薄くすることができます。色素沈着のレベルにもよりますが、毎週1回の照射を1ヶ月から2ヶ月近く続ければ肉眼でも確認できるほど黒ずみが目立たなくなってくる筈です。

関連記事Vラインの黒ずみ治療で重要なクリニック選びの3つのポイント!
関連記事黒ずみ改善に効果的な3つのエステの種類とは?

どうしても皮膚科に行きたくない場合の対処法

それでは、どうしても皮膚科を受診するのに抵抗がある場合はどうすれば良いのでしょう。黒ずみを手っ取り早く薄くするなら、皮膚科の黒ずみ治療を受けるのが一番です。もちろん、場所が場所だけに絶対に見せたくないと感じることも。

確かに相手がお医者さんとは言え、他人にデリケートゾーンを見せるのはハードルが高い行為です。その場合は市販クリームで何とかするしかありません。気休めではなく結果に結びつくケアができるよう、次の3つの条件をクリアしているものかどうかチェックして下さい。

まず、デリケートゾーン専用のクリームであることが譲れない条件になります。美白成分の中には極度の乾燥を引き起こすものも多く、色素問題は解決しても肌が激しく荒れる可能性があります。

デリケートゾーン専用のクリームやジェルなら安全性にも考慮されているので安心です。

次に有効成分の選び方ですが、刺激の強いハイドロキノンは避け、皮膚に負担をかけずに美白できるトラネキサム酸がおすすめです。ビタミンCの美白力はそこまで強くありませんから、メイン成分だと物足りないかも知れません。

関連記事トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう
関連記事ハイドロキノン効果を知り正しく使用しよう

この2つの条件を兼ね備えていて、かつ予算に合うものこそ、セルフケアにぴったりの美白クリームです。有効成分が高濃度配合されている即効性の高いクリームでも、市販品だと効果が現れるまでに最低半年はかかります。

つまり、続けられる価格ではないと途中で断念することになり、成果に繋がりにくくなります。セルフケアの成功は継続力にかかっていますから、毎月買い続けることができる金額かどうかも重要なポイントになります。

湘南美容外科クリニック共同開発の美白クリーム

市販のクリームは、予防の効果メインのものが多いとお話しましたが、湘南美容外科クリニックなどでもらえる処方薬や、そこが販売している美白化粧品は効果があります。

湘南美容外科は、クリニックでももちろん専用の処方薬がもらえますが、「ホスピピュア」という商品を開発し、こちらも同じように人気を集めています。

ホスピピュア画像
美白に有効なトラネキサム酸を配合しているだけではなく、現在あるシミ・黒ずみにはたらきかける11種類の成分や保湿効果をもたらす「スクワラン」「シアバター」など有効成分が豊富に含まれているので、予防だけではなくしっかりと効果を実感できるアイテムです。

有名なクリニックが開発している商品なので、信頼性も高く安心感もあり、なおかつ94%の方が効果を実感しているという優れものです。

ホスピピュアは、体の一部分に限らず、顔、バストトップ、ワキ、ひじ、膝、くるぶしなど様々な部位に使えるので気になるところどこでもお使いいただけます。

こうした商品もありますし、自宅でのケアも簡単なので、ぜひ自分に合うものを見つけ使ってみてくださいね。

関連記事トラネキサム酸配合のホスピピュアの記事はこちら

公式サイトメラニンにアプローチ!色素沈着・黒ずみの改善なら「ホスピピュア」にお任せ!

デリケートゾーン黒ずみ比較

まとめ

  • サイクリングなど有酸素運動がvioラインの黒ずみの原因になることもある
  • vioラインの黒ずみは皮膚科で治療するのが一番
  • どうしても皮膚科に行きたくない場合はトラネキサム酸配合の美白クリームが便利