産後の黒ずみ部位別の原因と対策方法~美白クリームは使える?

産後 黒ずみ

妊娠してから産後までの期間は、女性の肌には色々な変化があります。

産後には黒ずみが目立つことも多く、しっかり対策をとらないといつまでも肌の黒ずみが改善されない場合もあります。産後の黒ずみについての基礎知識をまずは理解しておきましょう。

肌トラブル発生!産後の黒ずみの原因

産後に黒ずみの原因。それは妊娠中に女性ホルモンの「プロゲステロン」がメラニン色素を活発にする働きかけるから。そのためシミや肝斑ができやすくなるといわれています。

プロゲステロンは男性ホルモンと似た働きをするため、皮脂が増えてニキビができやすくなるなど、肌トラブルも増える原因でもあります。

出産後にホルモンバランスが安定すると黒ずみは自然と消えるといわれています。しかし人によっては2年ほどかかる場合もありますので、肌質や生活習慣なども関係しているようですね。

部位別!産後の黒ずみの原因と対策

授乳画像

お腹

妊娠で一時的に伸びた皮膚は本来不要なものとして、かさぶたのようにお腹が黒ずんでしまいます。この黒ずみを無理に擦ってしまうと肌にダメージを与え、さらにメラニン色素が活発になるのでご注意くださいね。

産後のお腹の黒ずみはストレッチマーク専用のマッサージオイルなどを使い、毎日優しくお肌のケアをしましょう。産後の黒ずみ専用のコスメはありませんので、妊娠専用のオイルを使うことがオススメです。

産後 黒ずみ

マザーズ ボディオイル 100mL 税込4,104円
引用元:Weleda Japan

産後の黒ずみが目立ちやすい脇ですが、原因はお腹と同様に妊娠中に増えたプロゲステロンによるもの。産後は肌に刺激を与えるのはなるべく避けましょう

ワキのムダ毛処理で剃刀を使うのはメラニン色素を刺激する原因にもなります。頻繁な脱毛処理は摩擦黒皮症の原因にもなりますのでご注意くださいね。

【摩擦黒皮症(ナイロンタオル黒皮症)】
本症は、ナイロンタオルなどを長期間(6-10年前後)使用して、体幹の骨直上部の皮膚に特異的な褐色色素沈着を生じる色素異常症です。

原因のほとんどはナイロンタオルの慢性機械的刺激ですが、通常のタオルを強く擦る例や、ボディブラシやスポンジ、韓国アカスリなどでも生じる場合があります。

引用元:品川シーサイド 皮膚・形成外科クリニック

ワキの黒ずみを悪化させない為には、ムダ毛処理の方法を見直すことも大切です。産後すぐにワキ処理をしない、もしくは剃刀よりも負担が少ない電気シェーバーを使うなど、ワキの肌をデリケートに扱いましょう。

関連記事妊娠中気になる脇の黒ずみ対策

乳首

産後の黒ずみの中でも乳首の悩みを抱える女性はとても多いですよね。その原因は授乳によるもの。授乳による刺激は肌のメラノサイトを活発にして色素が黒ずんでしまう原因。

授乳の回数が多いと、乳首が切れて傷が付く場合もありますよね。すると乳首は炎症を起こしメラニン色素も活発になってしまいます。

また産後はブラジャーのサイズにも注意。授乳中は下着による摩擦を減らす為にも専用のブラジャーを使う事も必要ですね。乳首の産後の黒ずみは授乳が終わる時期には自然と元に戻ります。気になる場合は産後のバスト専用のクリームでマッサージするとよいでしょう。

ランシノー

ランシノー 10g 1,000円(税抜)
引用元:カネソン本舗

 
関連記事乳首の黒ずみの原因と改善

陰部

妊娠中に増えるメラニン色素は陰部に集まりやすく黒ずみが起こりやすいのです。また下着の摩擦によりメラニン色素が真皮層に入り込み、妊娠前に比べるとビキニラインは黒ずみやすくなっています。また出産時は陰部に圧力がかかる事も黒ずみの原因とも言われています。

日頃から必要以上の刺激を陰部に加えない事も大切。締め付ける下着やジーンズなどは下半身を圧迫する働きがありますので、ゆったりした服装がよいでしょう。

関連記事陰部の黒ずみケアの注意点

産後の黒ずみケアがしたい!全身に使える美白クリームがおすすめ!

産後のお肌には美白成分が配合された全身クリームがオススメです。特に美白効果の高いトラネキサム酸を配合した「ホスピピュア」はママさんにも大人気。

関連記事産後でも安心!美白系スキンケア「ホスピピュア」

育児で忙しい時、お肌のケアもついつい手を抜きやすくなってしまいますよね。黒ずみが目立つお腹やデリケートゾーンなどは肌が乾燥してしまうと、さらに黒ずみも悪化しやすく時間が経っても完全に戻らない可能性もあります。

全身に使えるホスピピュアは、産後の気になる黒ずみにとても効果的。また部位を問わず全身保湿に使えますので、気になる黒ずみ対策としてぜひトライしてみましょう。

公式サイト詳しくは「ホスピピュア」公式サイトでご確認ください

乳首の黒ずみにはコレ!管理人が選ぶBEST対策商品3選

まとめ

  • 産後に黒ずみの原因は女性ホルモンの「プロゲステロン」。改善には肌質や生活習慣なども関係。
  • 部位には、刺激を与えず専用のクリームでマッサージするとよい。
  • 黒ずみには、美白効果の高いトラネキサム酸を配合した全身クリーム「ホスピピュア」がオススメ。