妊娠中に脇の黒ずみが気になっても使用してはいけない美白成分とは

妊娠中 妊婦

「妊娠したら黒ずみが濃くなった」と驚いていませんか?

焦って美白化粧品に飛びつくのは待って下さい。この時期の黒ずみは自然な反応で、異常なことではありません。何もしなくても自然治癒します。ただ、少しでも早く回復させたい妊婦さんのために、母体と赤ちゃんに問題ないお手入れ方法を伝授します。

妊娠中、授乳中NGの美白成分もピックアップしました。黒ずみが妊娠したら脇、脇の下、お腹、ちくびにできてしまった…とお悩みの妊婦さんに、今すぐ役立つ最新情報をお伝えします。

「そのうち消える」と言われても…

黒ずみが妊娠のせいで濃くなって困っている妊婦さんに「産後消えますから安心して下さい」と伝えても、不安は解消されないかも知れません。

なにしろ、あまりにもくっきり脇や脇の下、お腹やちくびが黒ずんでしまうので、「このまま戻らなかったらどうしよう」と心配になるのも無理はありません。

黒ずみの問題は助産師さんにも相談しにくいですよね。実際、産婦人科のお医者さんに悩みを打ち明けても「そのうち消えます」と返されるのがオチです。

冷たく感じるかも知れませんが、事実、妊娠がきっかけにできた色素沈着は、産後しばらくすれば自然に消えます。

デリケートな妊娠中の不安要素を少しでも消すために、お腹に赤ちゃんが宿ると黒ずみができるメカニズムを解説したいと思います。

妊娠中に肌が黒ずむメカニズム

妊娠中、肌に黒ずみが出現する理由に関しては諸説ありますが、要するにホルモンの分泌量が急激に変わったことが影響しています。

妊娠20週目を迎える頃、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがドバドバ放出されるようになります。この2種類の女性ホルモンはメラニン色素を生み出すメラノサイトを刺激する性質がありますから、全身に色素沈着が起こりやすくなります。

妊娠中シミ、ソバカスが一気に増えるのも、同じ理由が関係していますが、脇や乳首はもともとメラニン色素が多い部分なので黒ずみが特に目立ちやすいようです。

ちくびに関しては、「赤ちゃんがおっぱいを吸う時見つけやすいために黒くなる」、「ちくびを酷使する授乳に備え、肌を守るメラニン色素がたくさん生成される」なんて説も。

10人中10人が必ず黒ずむわけではなく、もし色素沈着が起きてもどれぐらい濃くなるのかは個人差があります。

いずれにしても、余計なストレスを増やさないよう「そういうものだ」と割り切ることが大切です。

関連記事そのままで大丈夫?産後の黒ずみの原因と対策

お腹の黒ずみは一生消えない??正中線と妊娠線は別もの!!

妊娠の黒ずみはを自然治癒しますから、慌てて美白に励まなくても大丈夫です。

「お腹の黒ずみは一生消えないと聞いたことが…」とびくびくしている妊婦さんもいらっしゃるかも知れませんが、一度できたら完全に消すのが難しいのは黒ずみではなく妊娠線です。

脇 黒ずみ 妊娠中
お腹に縦1本筋が入ったようにできる黒ずみは、メラニン色素が原因でできる正中線です。

一方、妊娠線はお腹が急に膨らむことでできてしまう皮膚組織の裂け目です。

妊娠線は早い段階から保湿成分をたっぷりつけてケアする必要がありますが、正中線は何もしなくても産後半年から1年もすればほとんど目立たなくなります。むしろ妊娠中から美白成分でお手入れしても、薄くなることはありません。

正中線ができる大本の原因は女性ホルモンです。無事に出産を終え卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が普段通りに戻るまで、スキンケアでどうこうできる問題ではありません。諦めが肝心です。

妊娠中にできることはないの??

妊娠中、どうしても黒ずみが気になるなら、美白成分より保湿成分の多い化粧品で優しくお手入れしましょう。美意識の高い妊婦さんに是非実践して貰いたいのが、保湿対策と睡眠対策です。

妊娠 黒ずみ
妊娠中から肌をしっかり保湿してたっぷり眠っておけば、皮膚のターンオーバーが安定したまま産後生活に入ることができます。

出産後、何ヶ月か熟睡できない生活が続き、ターンオーバーも乱れがちになります。せめて妊娠中ぐらい、きちんと休んで肌が回復しやすい土台を整えておくことが重要です。

妊娠中、授乳中に使ってはいけない美白成分

念のため、妊娠中、授乳中に使ってはいけない美白成分、ハイドロキノンやトレチノインについてお話したいと思います。

ハイドロキノンやトレチノインは妊娠中NGの美白成分です。蓄積性があるトレチノインで美白したら、2年間は妊娠しないよう注意した方が良いと言われています。

安全性に考慮し、妊娠中でも問題なく使用できる新安定型ハイドロキノンも登場していますが、発がん性も指摘されている成分なので心配な方は避けた方が無難です。

妊娠中は日焼けしやすくなるので、「いつも以上に美白しなければ」と焦っている妊婦さんは、米ぬかエキスなど自然由来の美白成分がおすすめです。

関連記事妊娠中でも安心なトラネキサム酸配合「ホスピピュア」の記事はこちら

公式サイトメラニンにアプローチ!色素沈着・黒ずみの改善なら「ホスピピュア」にお任せ!

乳首の黒ずみにはコレ!管理人が選ぶBEST対策商品3選

まとめ

  • 黒ずみが妊娠中できるのは女性ホルモンが原因
  • 妊娠線とは異なり、お腹の黒ずみは産後自然に消えるので特別なケアは不要
  • 妊娠中黒ずみが気になる時は、美白より保湿と睡眠対策でターンオーバーを整えることが大切