足の付け根の黒ずみはまたずれが原因!脱毛方法にも気を付けて

また ずれ 黒ずみ

足の付け根にふと目をやると、またずれによる黒ずみ発見!
ビキニラインなので、「なんとか夏のバカンスまでは元の色に戻したい!」と考えている人も少なくないでしょう。

デリケートな部位だからこそ、安全にケアしたいものです。そんな足の付け根の黒ずみ原因と対策を考えます。

股ずれが起こってしまう原因

股ずれが起こってしまう原因は様々です。衣類、皮膚などによる摩擦や、デリケートゾーンの脱毛がきっかけのケースもあるため、早めに対策を講じなければ、なかなか緩和しにくくなります。

衣類による摩擦

衣類による摩擦は自分ではなかなか意識しないうちに生じています。下着や衣類による擦れは、メラニンを活性化して余計に黒ずみを悪化させてしまうでしょう。

特に、フィットし過ぎる衣類や、サイズが小さめで体格に合わない衣類を着用していれば、締め付けも摩擦となるでしょう。

特に、女性のショーツなどは、可愛らしいものをセレクトすればするほど、小さめで窮屈なデザインのものが多く、股ずれを起こすリスクが高まります。またこうした締め付けの強い下着類は、汗をかきやすく蒸れやすくしてしまうため、余計に肌を刺激してしまうでしょう。

関連記事胸の下の色素沈着の原因は締め付けすぎにあった!対処と予防法

皮膚の摩擦

皮膚による摩擦もメラニンを活性化してしまうでしょう。特に太ももに贅肉がついている人や、激しいスポーツで筋肉がつきやすい人は、皮膚同士の摩擦が生じるため、股付近の黒ずみが生じやすくなるのです。肥満体型や過剰なスポーツをする人も注意が必要です。

デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンの脱毛は、女性ならば誰でも気を使うでしょう。ですが、脱毛という行為そのものが、肌に摩擦や刺激を与えるため、皮膚の防御機能が働き、肌を黒くさせてしまうのです。

例えば、ムダ毛の自己処理としてカミソリや毛抜きを使う事は多いでしょう。これらは、より刺激を与えてしまうため、メラニン沈着を引き起こしやすくなるのです。

関連記事VIOゾーンの黒ずみはムダ毛の自己処理が原因?!脱毛はプロに任せるべき?

股ずれで黒ずみにならないようにするために

股ずれによる黒ずみは、日頃からの服選びや、ダイエット、ムダ毛処理の仕方に注意を払う事が肝心です。

また、以下にあげる黒ずみ以外にも、妊娠、出産などによるホルモンバランスの乱れが黒ずみを引き起こしやすくなりますが、この場合、産後のホルモンバランスが元に戻る事で徐々に改善されていくでしょう。

関連記事産後の黒ずみの原因と対策方法を部位別にご紹介!

ゆったりした服装

締め付けを感じるような服装は、肌を圧迫したり、摩擦を与える事でメラニンが過剰発生します。ゆったりとした服装を心がけたり、ゴムなどの跡がつかないものを選びましょう。

また、ポリエステルなどの合成化学繊維などは、通気性が悪く、汗をかきやすくなるため避けた方が良いですね。摩擦に汗の刺激が加わると、余計にメラニンが活性化して黒ずみがひどくなります。

ダイエット

太ももが太い人は、ダイエットを心がけましょう。ですが、下半身はそう簡単にダイエットできる部位ではないため、なかなか脚やせが実現できないものです。部分痩せのストレッチや下半身を浮腫ませないカリウムが配合された食品を積極的に摂取する事が理想です。

ですが、脚やせはそう簡単にはいきません。そんな時は、ストッキングなどで皮膚摩擦対策を行って、皮膚同士がこすれあってメラニンが活性化するのを防止しましょう。

また、ストッキングは脚全体を保護して温める効果もあるため、冷えからくるむくみ対策にもなります。

脱毛には電気シェーバーを

デリケートゾーンの脱毛は、脱毛サロンや医療脱毛などで、アフターケアの充実したプロの手に委ねるのが一番安心ですね。ですが、時間やコストを考えると、なかなか実施できないのが現実です。そんな時はカミソリや毛抜きを避けて、電気シェーバーを利用しましょう。

ですが、通常の電気シェーバーは、Vゾーンなどの細かな部位になかなかフィットしないものです。顔用シェーバーを使う事で、こうした細かい部位に摩擦をかけずに脱毛する事ができるでしょう。

また、自己処理後は、クリームなどで肌が受けた刺激を緩和ケアしてあげるのが良いですね。

関連記事VゾーンやVラインの黒ずみの2種類の原因と対策

股ずれ黒ずみには美白クリーム

衣類や皮膚などの摩擦対策やデリケートゾーンの自己処理を刺激のないものに変えていく事で、またずれによる黒ずみはだいぶ発生しにくくなるでしょう。ですが、一度股ずれが生じると、真皮層ケアをしっかりしないと、なかなか元の肌に戻りにくいものです。

通常のターンオーバーサイクルでもなかなか改善しない厄介な肌悩みと言えるでしょう。少しでもターンオーバーを乱さないためにも、良質な睡眠と肌再生に欠かせないビタミン類をしっかり摂取する事が大切です。

関連記事美白にはビタミンCが鉄則?一日の摂取量と3つのビタミンC誘導体

そこで、股ずれによる黒ずみにもしっかり効果を表す美白ケアをプラスしてあげましょう。美白ケアと言ってもたくさんありますが、デリケートなVゾーンに適した商品を選ぶ事がベストなのです。

例えば、口コミ評価の高い美白ケア“ホスピピュア”は、多数の黒ずみケアの実績がある湘南美容外科クリニック共同開発の美白クリームです。

ホスピピュア画像

ホスピピュア 30g 通常価格 税別9,000円
引用元:シーオーメディカル

 
関連記事本気で黒ずみ改善をしたいならホスピピュアがおすすめ!

13種類の天然由来成分で敏感肌にも優しい処方なので、身体中どこにでも使用できるでしょう。サロンなどで施すよりはグンとコスパも良いため、自宅でこっそり肌色を戻したいという方にはぜひ、使用していただきたい商品です。

  • 生まれつき黒ずみが気になっていて諦めかけている
  • 産後の黒ずみがなかなか緩和されない
  • 下着による黒ずみがなかなか元に戻らない
  • 今年の夏も、ビキニラインの可愛らしい水着を着たい

などの悩みを抱えている人にオススメです。

定期コースなどにすれば、忘れずに継続できるため、早めの黒ずみ改善が目指せます!

公式サイトメラニンにアプローチ!色素沈着・黒ずみの改善なら「ホスピピュア」にお任せ!

まとめ

  • 股ずれが起こってしまう原因は「衣類による摩擦」「皮膚の摩擦」「デリケートゾーンの脱毛」など様々。
  • 対策1. ゆったりした服装を心がけたりゴムなどの跡がつかないものを選ぶ
  • 対策2. 太ももの皮膚が常に擦れ合ってしまうほどの肥満の人はダイエットを。脚やせはそう簡単にはいかないため、ストッキングを履くことで皮膚同士の摩擦を回避しましょう。
  • 対策3. 脱毛はカミソリや毛抜きではなく電気シェーバーを使用する。処理後はクリームなどで肌が受けた刺激を緩和する。
  • 対策4. 股ずれによる黒ずみにもしっかり効果を表す美白ケアをプラスしてあげましょう。