背中の黒ずみ原因に合わせたケア方法と改善に有効な栄養素5種

黒ずみ 背中

背中のトラブルは自分自身でなかなか発見できないもの。それだけ視界に入らず、手も届きにくい部位と言えるでしょう。特に背中にできる黒ずみは、痒みもなければプツプツした異物感も殆ど感じないため、気づくのが遅れるでしょう。

そんな黒ずみ原因と対策をまとめています。

背中の黒ずみ原因は?

背中が黒ずむ原因は様々です。その殆どが生活の中で生じるものなので、もし以下にあげる原因で思い当たる事があれば即座に改善してあげましょう。

すすぎが不十分

体を洗った時にボディソープが残ってしまう事により生じます。シャンプーの洗い残しの洗剤が背中まで伝わって背中の毛穴を塞いでしまっているケースもあるでしょう。

こうしたボディケア、ヘアケア商品の成分は界面活性剤を使用している事が多いため、コーティング剤や香料などの成分が蓄積し、酸化してしまっているのです。

すすぎが不十分な時のケア

体を洗う時や髪を洗う時には、十分なすすぎをしましょう。また、背中も乾燥してしまうと毛穴が固くなり老廃物が排出しづらくなります。入浴後は顔同様にボディローションやミルクで乾燥対策を行いましょう。

寝汗もニキビの原因

人間は夜寝ている時に、コップ一杯程度の汗をかいています。人によってはコップ一杯以上の汗をかくケースもあるでしょう。その汗の成分には皮脂や体内中の老廃物がたくさん含まれています。

そんな寝汗を放っておけば当然、毛穴に角栓ができやすくいつの間にか黒ずみに発展しているというケースもあり得るでしょう。

関連記事背中の黒ずみの原因となっているニキビを防いで後ろ姿にも自信を

寝汗ニキビのケア

汗の吸水性が高いシーツや通気性の良い下着やパジャマを着用しましょう。汗蒸れによる炎症からニキビに発展するのを防ぐ事もできます。また、こうした寝具類はマメに洗濯して清潔を保つ事が大切です。

洗剤・柔軟剤の残留物で肌トラブル

衣類を洗濯する時に、洗剤や柔軟剤に含まれる成分が残留物となり、衣類を介して背中に付着し、毛穴にも蓄積するケースです。

肌の弱い人ならば、尚更こうした刺激のある成分に反応しやすくなるため、短期間で背中黒ずみがニキビや色素沈着に移行してしまうでしょう。

ケア方法

界面活性剤を使用していない無添加系の洗剤や、固形石鹸を使用しましょう。

また、最近ではオーガニック系の植物由来の成分を用いた洗濯洗剤などがあるため、洗濯物に不純物が付着するリスクも低くなるでしょう。

ホルモンバランスの乱れやストレス

ホルモンバランスやストレスなどの内的な要因が肌の再生に必要なターンオーバーを狂わせてしまうケースもあります。

それにより、インナードライという内部乾燥を引き起こし大人ニキビと呼ばれるニキビが皮脂腺の多い背中にもできやすくなります。

関連記事背中の黒ずみ原因に合わせたケア方法と改善に有効な栄養素5種

ホルモンバランスの乱れやストレスのケア

ホルモンバランスの乱れは、出産後や、更年期前後に見られ易いパターンです。同時に冷えを感じて血行不良を生じている事も多いのです。

血流の悪さは毛細血管に十分な栄養が行き渡らないために、潤いを保ったり、脂質を代謝したりするための栄養も摂取しにくくなります。

半身浴などで体の内側から温めたり、適度な運動で体全体の血流、代謝を上げましょう。

関連記事見られている!?背中のシミの原因と対処法

背中の黒ずみ改善に良い食べ物

背中の黒ずみ改善
外的な背中スキンケアと同時に行いたいのが、黒ずみケアのためのものを食べることです。

次にあげるような食べ物にはあらゆる方面から総合的に背中の黒ずみに働きかけます。以下の成分はバランス良く食事から摂取する事が大切です。

ビタミンAの摂取

角化を正常化させるために、レチノールを含むビタミンA豊富な卵やレバー類などを積極的に摂取しましょう。女性の過剰摂取は妊娠期における胎児の育成に影響をきたす事が懸念されるため注意が必要です。

肌代謝を良くするビタミンB類の摂取

肌の脂質代謝やターンオーバーをスムーズにする成分がビタミンB2、ビタミンB12などです。
これらは、レバーや豚肉、鰻、しじみ、青魚などに多く含まれています。

肌の抗酸化作用をもたらすビタミンC

様々な栄養成分の代謝をサポートする働きがあります。また、酸化により黒ずみが生じてしまう事から、肌の抗酸化が期待できるビタミンCの摂取を心がけましょう。

オレンジ、レモンなどの柑橘類などに多く含まれています。

血行不良を改善するビタミンE

毛細血管の流れを良くして、肌に良質な栄養と酸素を提供してくれます。
ナッツ類やモロヘイヤ、辛子などに含まれています。

女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボン

背中のターンオーバーを乱すホルモンバランスの乱れは女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンの摂取が望ましいです。

豆乳や豆腐、納豆などの通年を通して安価で手に入り易い食材が多いです。

サプリメントで栄養摂取も!

サプリメントで栄養摂取
背中の黒ずみに良いとされる栄養はたくさんありますが、これらをバランス良く通常の食事から摂取する事はなかなか難しいものです。そんな時はサプリメントで補助してあげる方法もあります。

これならば外出中でも気軽に摂取できるため常備しておくと良いでしょう。ですが、頼りすぎると食事を軽視してしまいがちになるため、食事で摂取できない分を補うのがポイントです。

関連記事背中黒ずみ対策は食生活や生活習慣を見直す必要があります。

まとめ

  • 背中の黒ずみは是非とも改善させたい肌トラブル
  • 人に指摘された時には、すでに広がっていてニキビの前兆になっている事が少なくない
  • 背中を清潔に保つことで黒ずみ防止になる
  • 黒ずみ防止に役立つ食べ物を食べて、体の中から予防することを心掛ける