デリケートゾーンの黒ずみの原因は性交渉じゃなかった?!

デリケートゾーン 黒ずみ 原因

スキンケアについては、女性なら誰もが一度は抱く悩みだと思います。頬のそばかす、腕のシミなど、加齢や紫外線などが要因となって起きる肌のトラブルは、うまく付き合うのが難しいところです。

とはいえ、今はで化粧品や医療薬などが充実しているため、悩みに合わせた商品を選べば大抵のトラブルは解決することができます。

しかし、もしデリケートゾーンの黒ずみを見つけてしまった時、あなたはどうしますか?

使いこんだらデリケートゾーンが黒ずむ、なんてウソ

一口にデリケートゾーンといっても、性器周辺、お尻などいくつかの部位が挙げられます。

こういった部分は性行為の際に擦りつけたり濡れたりすることが原因となって黒ずむという臆説も流れていますが、結論を言えば、陰部も肌であり頬や腕などと同様にメラニンの沈着によって黒ずみが起きてしまうのが原因です。

メラニンの沈着がなぜ起こるかと言えば、肌に加えられた刺激から肌を守るためにメラニンが生成され、それが過剰になってしまうことで沈着が起こります。

黒ずみ発生のメカニズム4段階は以下のとおりです。

メラノサイト画像

メラノサイト画像
通常であればメラニンの生成はほどほどに抑えられるため色素が沈着するということほとんどありませんが、新陳代謝が衰えてしまったりホルモンバランスが乱れてしまうと、制御が効かなくなってしまいます。

つまり、外側でなく内側から変化させていくことで表面に結果となって現れる可能性があるため、ホルモンバランスなどを整えれば元の肌に戻る可能性も残されているのです。

もちろん、ピッタリとしたジーンズをはき続けることで炎症を起こしたり、生理の際に使用するナプキンによってかぶれが起きてしまったり、他にも様々なパターンは考えられます。

しかし、肌の質が変わってしまったからと言って、「もしかして性行為をしすぎてしまったのでは」と気に病む必要はありません。

関連記事お尻の黒ずみの原因に関する記事
関連記事VIOの黒ずみの原因と解消法の記事
関連記事Vゾーン・Vラインの黒ずみの原因と対策に関する記事

黒ずんだデリケートゾーンの肌を白くするためには?

ただ、デリケートな部分の悩みについては簡単に医者に行って治療しよう、という決心はつきづらいところです。

世間の人々はともかく医師は肌のメカニズムがしっかりとわかっているため、間違っても患者のプライベートを侵すようなことはありませんが、それでも患部を見せるのは抵抗がある、というのも無理はありません。

出来れば自分でケアしたいという方には、デリケートゾーン用の美白化粧品がドラッグストアなどで販売されているので一度試してみましょう。

専用の石鹸やクリーム、化粧品など様々なタイプの商品が発売されているため、自分に合った物を選んでください。

デリケートゾーンの黒ずみの原因 2
また、サプリメントなどを服用することでホルモンバランスなどを整えて内側から治療していく方法もありますので、試してみる価値はあると思います。

関連記事家庭でできる手軽なデリケートゾーン黒ずみ対策

専用の石鹸やクリーム、化粧品などを選ぶ際必ず見ていただきたいのは、販売元、成分、保証制度の有無の3点です。

この3点を満たした上で、おすすめしたい美白クリームは、湘南美容外科クリニックが開発した「ホスピピュア」という商品です。

販売元が有名なクリニックであるだけに、安心感は絶大ですし、90日間の保証制度もついているので、合わなかったりした場合には返品可能です。

また、成分には今注目のトラネキサム酸を配合することで、メラニン生成を抑えることに成功しています。口コミでも評価が高いですし、一度調べてみるのも良いと思います。

関連記事有名女性誌にも取り上げられるほど人気の美白系スキンケア「ホスピピュア」

公式サイトメラニンにアプローチ!色素沈着・黒ずみの改善なら「ホスピピュア」にお任せ!

他にも商品は山ほどありますし、3つの条件をクリアしているかを基準に選んでみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみ治療で一番いいのは医院に行くこと

様々な商品をためしてみたけれど全然黒ずみが治らないという場合は、勇気を出して医院に向かってください。医師や看護師は知識を持っていますからデリケートな部分を傷つけないよう配慮しながら適切な処置をしてくれます。

ハイドロキノン画像
また、市販されている商品は一般的な症状に効くような成分にしか対応していないため、特殊な症状である場合は診察してもらう方が改善しやすいです。

メラニンの合成を抑えるハイドロキノンやレチノイン酸配合クリームなど、症状に合わせた薬を処方してもらうほか、場合によってはピーリングケアなどもしてもらえます。

関連記事ハイドロキノン効果を知り正しく使用しよう

顔や腕をピーリングする化粧品などは市販されていますが、陰部に関してはまだまだ研究が進んでいないため、特殊な技能を扱うことのできる医師が処置を行う必要があります。

本格的に黒ずんだ部分を治したいということであれば、美容外科や美容皮膚科に行き手術を行う事も可能です。

黒ずんでいる部分のみを切除するだけなので比較的簡単な手術で、あっという間にデリケートゾーンがきれいになります。同時に塗り薬などを処方してくれるので、ダブルの効果でしっかりと根本的に改善してくれるので安心です。

関連記事Vラインの黒ずみ治療のクリニックの選び方の記事はこちら

デリケートゾーン黒ずみ比較

まとめ

  • デリケートゾーンの黒ずみは新陳代謝やホルモンバランスが乱れが原因
  • セルフケアするならデリケートゾーン用の美白化粧品を試してみよう
  • 最善の方法は医者に相談し、あなたのデリケートゾーンの黒ずみの原因や改善方法を知る事