お尻の黒ずみ原因は摩擦にあった!?刺激で色素沈着になる理由とは

お尻 黒ずみ 原因

場所が場所だけに誰にも言えない体の悩みは色々ありますが、特に下半身付近の悩みはパートナーにだって知られたくないし見せたくないですよね。そんなプライベートな悩みとなるお尻が黒くシミになってしまう現象には理由があります。原因がわかれば自分なりの対処法を模索することもできますので、しっかりと原因を知っていきましょう。

お尻が黒ずむ理由のひとつ「刺激」

お尻が黒ずむ理由のひとつ「刺激」
お尻に黒ずみができてしまうのにはいくつかの理由がありますが、ひとつは摩擦による色素沈着です。日焼けとはまた違うシステムですが、黒くなるということでは共通しています。日焼けと大きく違うのは、摩擦を受けて刺激を与えられたところだけがピンポイントで黒くなるということです。

そのため見た目にも日焼けと異なり、違いが分かりやすいです。こうして摩擦で黒くなってしまうことを黒皮症といいますが、黒皮症では繰り返し摩擦刺激を受けることでメラニンが真皮層の入り込んでしまい、改善に時間がかかったり、なかなか治りにくい傾向があります。

長時間同じ体勢で座っているのもお尻の黒ずみの原因となることが多いですが、これは仕事の関係でどうしようもないという方も多いかもしれません。

そんな方はせめて下着だけでも締め付けの少ない天然素材のモノを選び、お風呂で体を洗う時にはナイロンのたわしでゴシゴシ洗うのを避けるようにしましょう。多少は色素の沈着を防ぎ、きれいな肌を保てるようになります。

関連記事普段やってる?気になるおしりの黒ずみ原因はコレだった!!

お尻の黒ずみは乾燥や摩擦が原因かも?

お尻の黒ずみは乾燥や摩擦が原因かも?
刺激を受けることとほとんど共通のシステムですが、肌の乾燥や摩擦もお尻の黒ずみが黒くなる要因となるケースもあります。肌にダメージがたまるとターンオーバーを促進して肌を新しくしようとする体の中の働きにより皮膚が角質化します。こうなると肌の角質が厚く硬くなり、それによってお肌全体がゴワゴワしたり黒くなってくることもあるのです。

そうならないためには、冬には特に意識的に保湿を行うことが重要です。肌に常に潤いを与えるために乾燥しやすいお風呂上りなどには化粧水を気になる部位に染み込ませておくとよいでしょう。さらにお風呂に乾燥を防いでくれるようなタイプの入浴剤を入れることも効果があります。

入浴剤を選ぶポイントを以下に挙げますので、参考にしてください。

  1. 保湿成分入り
  2. 天然成分のもの
  3. 合成界面活性剤不使用
  4. 無着色・無香料

できるだけ肌にやさしいものを選ぶことがベストです。硫黄の入った入浴剤は肌の乾燥を促す作用があるので、成分表示をよく見て、硫黄入りの入浴剤は避けるようにしましょう。

夏もある程度のケアを心がければ年中肌の調子も良くなるという副次的な効果もありますので、ぜひ乾燥を防ぐように毎日の習慣に取り入れましょう。すでに黒くなってしまっている部位があっても、保湿をすることに留めておいてください。

なお、強い力でこすったりたわしでゴシゴシすると一時的にお肌がツルツルになりますが、すぐにまた肌が角質化してしまったり黒ずみが発生しますのでやめましょう。

関連記事そのかゆみ要注意?間違ってかいてしまうと黒ずみの原因に!

かぶれや炎症、あるいはホルモンバランスがお尻の黒ずみ原因?

かぶれや炎症、あるいはホルモンバランスがお尻の黒ずみ原因?
お肌に炎症が発生すると、その部位にだけ色素が沈着して黒くなることもあります。ニキビ跡が周りの肌と比べて暗いトーンになっているのは見たことがあると思いますが、それが体の他の部位でも起こる可能性があるのです。

お尻の場合はアレルギーによるかぶれも要因となりやすいので、もし気づいたらなるべく早く皮膚科に行くなどの対策が必要です。皮膚科では専門の薬を処方してくれるので、かぶれが改善されれば自然と色も薄くなる場合もあります。

ムダ毛処理のダメージによる炎症が原因となっている可能性もあるので、無駄毛を処理するときには綺麗なカミソリを使うようにして、なるべくこまめに刃を交換しておきましょう。

関連記事自己処理と黒ずみに関する記事

また、男性の場合にはあまり問題とならないのですが、女性の場合はホルモンバランスの乱れもお肌の黒ずみや色素沈着の原因となります。妊娠時期や生理の周期によるホルモンバランスの変動が体に様々な影響を与えるからです。

妊娠や出産によるものな場合は時期が過ぎれば徐々にホルモンバランスは正常に戻るため、時間とともに解決してくれるのでそれほど重要視する必要はありません。

関連記事妊娠中気になる脇の黒ずみ対策!○○は使ってはいけない

生理のバランスによるものであれば、基礎体温を付けて自分の生理の周期やバランスを把握するようにしてください。それで異変を感じることがあれば、すぐに婦人科に相談をしてみることをおすすめします。自分で対策できることは行い、無理なことは専門機関を利用することが自分の身体にとって一番の改善方法になります。

関連記事お尻黒ずみ対策で見えないところにも自信を持つ
関連記事家庭でできる手軽なデリケートゾーン黒ずみ対策

黒ずみには美白クリームでケアを

体の一部分が黒ずんでしまっていることに悩む女性が増える一方で、最近では対策商品も数多く販売されるようになりました。美白に有効な成分として、トラネキサム酸という成分は注目が高まっていますが、あの湘南美容外科も目をつけるほどの効果が実証されています。

ホスピピュア画像
ホスピピュアの詳細はこちら

ホスピピュアという商品は、トラネキサム酸を配合した美白クリームとして有名ですが、「シアバター」や「スクワラン」を含むことにより、保湿効果も高いので黒ずみに悩む方にはとっておきのアイテムです。

アトピーなどに悩まれる方は、皮膚科で処方されるヒルドイドなどを使用するのが良いですが、ただ黒ずみを何とかしたいという方であれば、自宅で簡単に使えますし、ホスピピュアはおすすめしたい商品です。顔、バスト、ワキ、ひじなど体のさまざまな部位に使用可能なので、気になる方は調べてみてください。

関連記事湘南美容外科が開発!ホスピピュアの記事はこちら
関連記事トラネキサム酸の効果を知ったうえで、30代以降のお肌の悩みに対抗しよう
関連記事皮膚科で処方される美白薬って保険適応?効果と副作用も解説

お尻黒ずみ比較

まとめ

  • 衣服の摩擦による色素沈着でお尻が黒ずむ
  • 下着は締め付けの少ない天然素材のモノを選ぶ
  • 間違った無駄毛の処理などによる炎症もお尻の黒ずみの原因になる